0.番外編 福島県昭和村のあれこれ

雪国の楽しさをギュッと凝縮!『第36回 からむし織の里雪まつり』は2月24日(日)に開催!

雪国の楽しさ満喫! 貴重な体験満載の雪まつりへ!

今年で第36回となる『からむし織の里雪まつり』。雪のアクティビティ満載で、今年は「道の駅からむし織の里しょうわ」オリジナルの日本酒「初姫」がお披露目されるなど見どころも盛り沢山!冬の思い出作りに昭和村へ出かけてみよう!

1.『第36回 からむし織の里雪まつり』

からむし織の里雪まつり2019
奥会津の雪まつりリレーの最後に行われるのが、昭和村の『からむし織の里 雪まつり』。昨年から1日間のみの開催となった同イベントは、雪国の伝統や暮らし、遊びがギュッと詰まった濃密なイベントになっています!

2.雪だらけ!だから楽しいオススメのイベント・見所が盛りだくさん!

2月は奥会津の積雪がピークになる時期。この雪を使ったアクティビティが豊富なのもこのイベントの見所。オススメの催しが多数ある中でも、より雪を楽しめる内容が充実しています。

スノーモービルで遊ぶ
【スノーモービル体験】
スノーモービル体験は、この雪まつり以外だと有料での体験が多い中、ここでは無料で体験ができる。派手なエンジン音と共に雪原を駆け抜けるスノーモービルは爽快! 振り落とされないようにしっかり捕まるのが正解。

かんじき体験画像引用:昭和村観光協会
【かんじき体験】
柔らかい雪の上でも歩くことができるかんじきは、雪の多い地域ならではの暮らしに触れる貴重な機会。雪国には欠かせない生活道具を体感してみよう!

雪で作る滑り台画像引用:昭和村観光協会
【巨大な雪の滑り台】
奥会津最大級とも謳われる巨大滑り台は、ここに来ないと体感できない。タイヤチューブを使った滑り台で、汚れを気にせず大人も子供もスリリングな滑り台でエキサイトしてみては?

雪の上で綱引き体験
【雪上綱引き体験】
滑りやすい雪の上で行われる雪上綱引き! 土の上で行われる綱引きよりもテクニックが必要とされる雪上綱引きは、参加者それぞれのテクニックを見るのも面白いかも?

からむし織の雪ざらし画像引用:昭和村観光協会
【からむし織雪ざらし】の実演
この地域でしか見ることのできない伝統織物「からむし織」を雪にさらす技術を見ることができる貴重な日。布を白くしなやかに仕上げるための工夫だそう。

さまざまなアクティビティで雪国の暮らしを一挙に体験できる『からむし織の里 雪まつり』。東京都内からは特急リバティで会津田島駅までアクセス可能。会津田島駅から会場までの無料シャトルバスは要予約、締め切りは2月20日(水)までとなっているので見逃しのないようにしたい。

3.イベント概要

■第36回 からむし織の里 雪まつり
日程:2019年2月24日(日)
時間:10時〜15時
場所:道の駅 からむし織の里しょうわ (福島県大沼郡昭和村佐倉字上ノ原1)
主催:からむし織の里雪まつり実行委員会(昭和村観光協会内)
問い合わせ先:0241-57-3700
『第36回 からむし織の里雪まつり』の詳細情報はこちらから!

masaki umino

masaki umino

投稿者の記事一覧

茨城県水戸市出身。大学卒業後、営業職を経て2017年に株式会社SATORUへ。「地域活性化SHARE BASE プロジェクト」全般を担当。webライター、webディレクター兼任。

関連記事

  1. 福島県 × BEAMSの衣装にも注目!学生達が手がけた福島県の地…
  2. 幻想的な炎に魅せられて!伝統行事 歳の神で祈ることは?
  3. コストコのガゼボ(東屋)を設置するために。土台のウッドデッキをD…
  4. 株式会社SATORUの名刺ついに完成! – 名刺デザ…
  5. 福島県昭和村で開催!自然の甘みがうまみを引き出す『麦芽みずあめワ…
  6. 費用を抑えて簡単に!庭にウッドデッキをDIY!#3〜床板の取り付…
  7. 今年は美味しいものが目白押し!! 昭和村の風物詩『第37回からむ…
  8. 町と山村を繋ぐ、2020年開通予定の『博士トンネル』。 福島県最…

PICKUP

シェアベースマッチング

LIFESTYLE

シェアベースプロジェクト
PAGE TOP