6.SHARE BASE 昭和村オープン!

昭和村の雪はいつ積もる?備えあれば憂いなし!雪囲い作業完了。

暖冬の2018年。積雪に備えて雪囲い作業開始!

昨年は雪が降り始めてから大急ぎで行った雪囲い。今年は暖冬のためかなかなか積もらないどころか、ほとんど降らない雪にソワソワ。ようやくシェアベースの雪囲いを実施しました!

1.雪国では余裕を持った備えが大切。

今年の12月は、例年よりも暖かく暖冬と言われていますね。福島県昭和村でも、今年はまだ雪が積もらず、いつ本格的な寒さと雪が降るのか気が気でない日々が続いています。

昭和村の冬
・2017年12月の様子
昨年は突然降り始めた雪が1日で大量に積もり、さまざまな雪に対する事前準備が間に合わずしっかりと洗礼を受けたという感じ。今年こそは!と、庭に出ていたテーブルやベンチ、物干し竿や焚き火台、ウッドデッキを早めに撤収し、購入した除雪機が通れるルートをしっかりと確保。

備えあれば憂いなし。豪雪地帯の冬に欠かせない、家の雪囲いを雪の降る前にしっかりと準備します。

2.古民家の雪囲いは、往年から続く落とし板で。

雪の降らない地域の方には馴染みがありませんが、雪国では雪の圧力によって家屋の窓が破壊されないように保護する工夫をしています。それを「雪囲い」、または「冬囲い」と言いますが、その方法も現在ではさまざま。この古民家では、往年より続く「落とし板」をして雪の災害を防ぎます。
古民家の雪囲い
今年は張り替えた網戸を長持ちさせる為に取り外して保管しておきます。落とし板用に窓の両サイドへ作られた枠に対して、杉の板をはめ込んでいく作業です。
福島県の冬
豪雪地帯の雪囲い
福島県昭和村では、冬期に差し掛かるとガタガタと、多くの家でこの落とし板による雪囲いが行われます。話によると、木が膨らんでいない乾燥した日にやるとやりやすいとのこと。

3.雪囲い完了!静寂に包まれる冬も見所!

豪雪地帯の雪囲い
さて、雪囲いも2年目の作業になるとスムーズに進んでいきます。冬期も運営していきますので、のれんがしっかりと見えるようにレイアウトしています。今年は除雪機を駆使してどんな冬が迎えられるのか、今から楽しみです!
古民家の冬
豪雪地帯の雪囲い
雪解けの季節から、新緑、紅葉と四季折々の表情を見せてくれる昭和村。雪が音を吸い、静寂に包まれる空気は言葉にし得ないものがあります。
さて、今晩未明にも雪が舞い降りそうな気温になってきました。

masaki umino

masaki umino

投稿者の記事一覧

茨城県水戸市出身。茨城県立水戸第一高等学校、東洋大学卒業。
その後、専門店、メーカーでBtoC、BtoBの営業経験を経て、株式会社SATORUへ。

関連記事

  1. 福島県昭和村の銘水『冷湖の霊泉(ひゃっこのれいせん)』は、暑い夏…
  2. 日本一の産地で学ぶかすみ草栽培!新規就農希望者を応援する『かすみ…
  3. 費用を抑えて簡単に!庭にウッドデッキをDIY!#4 -ステインで…
  4. 昭和村に訪れたら絶品カフェご飯「まつや」へ!
  5. 古民家キッチンの片付け開始!予想以上の大苦戦はゴミの分別
  6. 古民家【大広間】の床の貼り替えに挑戦!#6〜床の貼り替え完了!〜…
  7. 古民家再生DIY!内装【大広間】の柱・壁・天井塗装への道#1〜使…
  8. 昭和村への移住生活スタート!大量の家財と共に引っ越し開始

PICKUP

LIFESTYLE

シェアベースプロジェクト
PAGE TOP