FARM

シェアベース昭和村 自給自足、収穫体験の畑をトラクターで開拓!

自給自足、収穫体験も予定するSATORU農園!まずは畑を耕すのが第一歩。村の方にトラクターをお借りして耕していきます。

福島県の田舎の限界集落 昭和村に移住して、田舎暮らしに必須の畑の運営。シェアベース昭和村では、収穫体験、収穫した作物でBBQや自炊をして頂くのもアクティビティの1つとして予定しています。まずは自給自足のため、村の方に畑を1から教わります!

耕作放棄地を再生する

シェアベース昭和村の敷地内には、耕作放棄地となっている場所があります。住人がいた頃は、野菜やそばの実や菜の花など、様々な作物を栽培したそうです。僕らSATORUメンバーは、その土地の一部をSATORU農園として自給自足、収穫体験ができるように再生していきます。

初めてのトラクターの運転

「畑をやりたい。」そんな気持ちを持ちながらも何からしていいものかわからないメンバー。いつもお世話になっている節雄さんに相談した所、村で農業を営む方にお願いして、トラクターをお借りすることになりました!とは言っても最初は運転の仕方もわからないので、代わりにやって頂いてから3人とも運転をレクチャーして頂きます。

アクシデント発生!

順調にトラクターで耕していた所アクシデント発生!何と予想よりも浅い位置に水道管が。。。トラクターで水道管を切断してしまい、一時居住棟の水が断水状態となってしまいました。これには一同驚き!すぐに元栓を閉めて業者へ連絡。明日には直して頂けるそうです。

土を起こした後は元肥をまいて

耕作放棄地となっていた場所は、「スギナ」という土壌を酸性にする植物が深く根を張っていました。酸性の土壌は耕作には向いていないため、耕した後は土壌をアルカリ性にするため苦土石灰を含む元肥を撒きます。良い土がないと作物は元気に育たない、久しぶりに触れた土は懐かしい気持ちにしてくれます。撒いた後は、もう一度トラクターで土を混ぜ合わせました。

SATORU農園準備完了!

アクシデントもありましたが、ひとまず作物を育てる準備が完了しました!じゃがいも、ナスにキュウリ、トマトなど、何を育てるか今から楽しみ!まずは自給自足ですが、将来的には収穫体験もできる立派な畑にしていきますね。畑の様子はこれからも発信していきますので、ご注目ください!

masaki umino

masaki umino

投稿者の記事一覧

茨城県水戸市出身。茨城県立水戸第一高等学校、東洋大学卒業。
その後、専門店、メーカーでBtoC、BtoBの営業経験を経て、株式会社SATORUへ。

関連記事

  1. 南アフリカ共和国からの来客が昭和村に!初めての日本の感想は?
  2. SHARE BASE 昭和村でイベント開催!2018年10月13…
  3. 美容と健康に良い「黒」はなんの黒?早戸温泉つるの湯のお食事処「つ…
  4. オリジナルバングル制作で”Rew10Works…
  5. 豪雪地帯の冬を越す!オススメの除雪道具の使い方とその特徴は?
  6. 村民バレーボール大会でスポーツの秋を実感!地区対抗の結果は・・・…
  7. SATORU農園がさらに充実!笠間商店さんへ苗の仕入れに
  8. SATORUオリジナルTシャツ作成中!

PICKUP

LIFESTYLE

シェアベースプロジェクト
PAGE TOP