0.番外編 福島県昭和村のあれこれ

「スノーシューいらず」で雪上散歩ができるのは、3月ならではのお楽しみ!

非日常の雪上散歩はスノーシューいらずでもOK!誰の足跡も無い雪原を歩く快感を楽しむ。

SHARE BASEの裏に広がる雪原。夏場はここに昭和村産のお米がおいしく実りますが、冬場は非日常を楽しめる散歩コースにもなるようです。

1.夏と冬の景色の違い

夏のSHARE BASE冬のSHARE BASE上の写真は6月頃、畑を始める頃の様子です。蔵の向こう側には青々と田んぼや畑が広がり、多くの村の人々が行き交います。冬になると、その農地一帯は雪で埋め尽くされて、一面の白い雪景色を楽しむことができます。

村の方からも、「今くらいになるとカンジキ履かなくても歩けるようになんだぞー」と聞いていたので、恐る恐るひとり雪原ウォーキングしてみました。

2.田んぼの上も歩ける!?

スノーシューいらずで雪の上を歩くシェアベースの古民家の雪

SHARE BASEの敷地内から、蔵の横を通って山の方面に向かって歩いて行きます。春から秋にかけては田んぼや畑だった所も、普段は歩けない場所を歩けるのが醍醐味。足跡の全くない雪の上は、日が出ているときは反射で眩しいくらいになります。心配していた程足は雪に埋もれず、長靴かアウトドア用のブーツくらいでも全然大丈夫です。3月にもなると気温が上がり雪が溶けて固まってくるので、カンジキやスノーシューが無くても歩けるんですね。

3.道路標識が目の前に。。。

スノーシューいらずで雪の上を歩くおそらくここは農道があった所だと思いますが、道路標識が背丈より低くなっています。不思議な感覚ですが、要するにそれだけ雪が高く積もっているということ。普段の目線よりも倍近い高さにいるようです。
スノーシューいらずで雪の上を歩くスノーシューいらずで雪の上を歩く5月頃は菜の花畑になっていた所も、冬は真っ白な雪一面になります。(※2017年からはそば畑になっています。)

4.誰も歩いていない雪道に足跡をつける快感!

雪の上を歩く
これ、「何も無い雪の上をただ歩いているだけの何が楽しいのか?」
って思った人がいるかもしれません。小さい頃に、雪が降った場所に足跡を付けたくなったりしませんでしたか?誰の足跡も付いていない雪の上を自由に歩く、普段歩けない所を歩く、雪でしーんとした自然の音に耳を傾ける、乾いた冷たい風を浴びながら、少し汗ばむくらいの良い運動。想像するより気持ち良いものです。

スノーモービルやスノーカイト、この広い場所でできるいろいろな遊びを考えてもワクワクしますね。

masaki umino

masaki umino

投稿者の記事一覧

茨城県水戸市出身。大学卒業後、営業職を経て2017年に株式会社SATORUへ。「地域活性化SHARE BASE プロジェクト」全般を担当。webライター、webディレクター兼任。

関連記事

  1. 福島県昭和村から手打ち蕎麦が届いた! 自宅で気軽な『お取り寄せ』…
  2. まるで大人の隠れ家?古民家の2階をDIYでくつろぎの空間に#2〜…
  3. 2017年で最後!?実は見納めだった野尻の菜の花畑
  4. 古民家再生DIY!玄関の床板と敷居の改修!①〜解体で見えた恐るべ…
  5. 村の景色を美しく。野尻地区の花植えのイベントに参加!
  6. 昭和村の雪はいつ積もる?備えあれば憂いなし!雪囲い作業完了。
  7. これって本当に不便? 田舎にある集合型新聞受けの大切な役割とは?…
  8. 昭和村視察レポート#05 移住前のプロローグ

PICKUP

シェアベースマッチング

LIFESTYLE

シェアベースプロジェクト
PAGE TOP