1.準備編 〜構想から移住準備まで〜

昭和村視察レポート#05 移住前のプロローグ

移住前 居住棟の清掃1日目!

2017年4月末日
都心より昭和村へ、5月10日に控えた移住を前に、居住棟(管理棟)の清掃にやって来ました。窓に張られた雪囲いを外し、家全体の換気、引っ越しの荷物が入るようにそれぞれの部屋やリビングを清掃します。

すっかり雪解けの昭和村


前回昭和村に来た時には、まだまだ雪も残っていて水道の弁が見つからず開通出来ない状況でした。ご覧の通り雪も無くなり、敷き詰めてある砂利や植物が顔を出しています!昭和村の長かった冬が去り、やっと遅い春の訪れが来ているようですね。気温は13度から夕方は8度と、まだまだ肌寒い感じ。
前回の残してきた課題の水道開通!水の出し始めは赤サビがどばどば出て来て焦りましたが、しばらくするとこの通り綺麗な水が出てきました。これで安心して用も足せると。。。

窓の雪囲いの外し


冬本番は2mを越す積雪があり、屋根から落ちてくる雪が更に窓を圧迫して破損する恐れがあります。何年も空き家となっていた居住棟は、窓に雪囲いがされていました。まずは部屋全体の換気をするべく、窓を全開にするため雪囲いを外していきます。古民家側にも雪囲いがされていますが、そちらは移住が完了してから本腰を入れるとします!窓を全開にして、新鮮な空気に入れ替えて、これで心置きなく掃除を開始できます。

居住棟内部の掃除開始!



ほうきと掃除機の合わせ技で、片っ端からホコリやクモの巣を排除していきます。大量の虫の死骸とも格闘しました。。。掃除をし始めるとなかなか止まらない性分の協力プレイで、あっという間にきれいになっていきました。5LDKの居住棟に男3人でルームシェアとなるため、それぞれの部屋の位置も決めていきます。

清掃2日目へ

近くに流れる川を少し散歩して、田舎の夕暮れが訪れます。村内放送では、乾燥による火災の注意が流れ、外を歩く人はほとんど見当たりません。のんびりと、ゆっくりと、自然と調和した時間が流れていきます。田舎暮らしを目の前に、都会の慌ただしい日々、人や物で溢れた日常を振り返り、想いにふける29歳独身。。。清掃2日目に続きます!

>SHARE BASE 準備編 昭和村視察レポート #06へ

masaki umino

masaki umino

投稿者の記事一覧

茨城県水戸市出身。茨城県立水戸第一高等学校、東洋大学卒業。
その後、専門店、メーカーでBtoC、BtoBの営業経験を経て、株式会社SATORUへ。

関連記事

  1. そば畑が見頃を迎えています!今年初の福島県昭和村のそば畑をイチ早…
  2. 絶景が望める『奥会津 昭和の森 キャンプ場』。3月15日より20…
  3. 初心者や賃貸と相性抜群!『LABRICO(ラブリコ) 』で脱衣場…
  4. 昭和村のからむし織製品は、父の日のプレゼントにも!
  5. 天然の栗は保存方法が重要?庭先で栗拾いができる贅沢を
  6. 福島県昭和村 喰丸小の内覧会へ!築80年の木造廃校校舎はどんな風…
  7. 引っ越し後のガス設置の依頼と点検
  8. 郷土料理体験で「蕎麦がき」作りにチャレンジ! 会津の田舎料理に舌…

PICKUP

LIFESTYLE

シェアベースプロジェクト
PAGE TOP