6.SHARE BASE 昭和村オープン!

寒冷地の暖房は何がオススメ?燃料別にみる暖房性能の特徴に注目!

エアコンじゃ間に合わない?! 燃料別の暖房性能と、古民家で使っている暖房アイテムをご紹介!

冬に部屋を暖める暖房器具といえば、まずエアコンが思い付きますね。しかし、寒冷地帯の冬はエアコンで室温を上げることが困難だったりすることも。昔ながらの建築様式の古民家『SHARE BASE 昭和村』では、どんな暖房器具を使っているのか? まずは燃料別にみる暖房性能の違いからご紹介していきたいと思います。

1.燃料別にみる暖房器具の違い

古民家で使う暖房器具
暖房器具は、地域の環境によってその性能が発揮できるかどうかが変わります。
燃料については、電気、灯油、ガスが代表的な暖房器具の燃料となりますが、それぞれどのような特徴があるのでしょうか?

●電気を燃料とする暖房
まず、電気を燃料とする暖房といえば『エアコン』が挙げられますね。
冷暖房両方の機能を備えているエアコンは通年通して大活躍!と言いたいところですが、実は暖房機能は冷房に比べてちょっと苦手。寒冷地用のエアコンも販売されていますが、後にご紹介する灯油やガスに比べるとそのパワーは劣るようです。

特に雪の降る地域では、雪に囲まれると外気温よりも室内の温度が下がっていることも。そんな状況下では、なかなか本領を発揮することができないのです。現に寒冷地隊の福島県昭和村では、エアコンの暖房を使っている家屋は少ないかも?

●灯油を燃料とする暖房
最も雪国や寒冷地で一般的な暖房の燃料とされているのが、ファンヒーターやストーブに使われる灯油燃料。

灯油を燃焼し熱風を送るファンヒーターは、部屋全体を暖める性能に優れていて、「電源を入れて稼働→熱風の送風→部屋が暖まる」までのプロセスが早いというのも特徴。灯油燃料の他、ファンを回す電源も必要としますが、非常に効率の良い暖房器具です。
ストーブは、対流型と反射型のものがありますが、いずれも灯油を燃焼した熱でじんわりと部屋を暖める性能は同じ。ストーブそのものが熱を持つため、近い場所は特に暖まりやすく、やかんなどを置くことで、暖房による部屋の乾燥対策ができるというのも特徴です。

基本的に灯油燃料は、買い置きしておく必要があります。寒冷地では、大容量のホームタンクを用意するか、ポリタンクを多めに用意して燃料切れを防ぎます。ホームセンターで購入する他、自宅まで届けてくれるサービスもあります。

●ガスを燃料とする暖房
ガスファンヒーターなどに代表されるガス燃料。

リビングなどでガスファンヒーターを使うためには、室内にガスを供給するコンセントが必要になります。それ故、オール電化の住宅では使うことができません。暖房性能では灯油燃料と差はなく、優れた暖房効果を発揮します。
灯油に比べてランニングコストが高かったガス燃料ですが、ガスの販売が自由かされたことにより価格競争が始まったため、ガス燃料も見直されてきているようです。

その他、薪を燃料とした『薪ストーブ』などもあります。こちらは薪ストーブ本体が暖まりその輻射熱を利用することで、家屋全体をじんわり柔らかく暖めるというもの。
シーズン前に薪を準備しておく他、薪をくべて絶やさないようにする手間などがかかりますが、その見た目などから憧れる人も多い、作業を楽しんでできる遊び心のある暖房器具です。

それでは、古民家を利用した施設『SHARE BASE 昭和村』ではどのような暖房器具を利用しているのでしょうか?!

2.灯油を利用した暖房器具が大活躍!

古民家で使う暖房器具
豪雪の寒冷地隊の福島県昭和村にある『SHARE BASE 昭和村』では、灯油燃料の暖房器具が大活躍しています。こちらは、CORONA(コロナ)の対流式ストーブ。なるべく部屋の中心に近い所に置いてあげることで、じんわりと部屋全体を暖めてくれます。

対流型ストーブ
ストーブの良いところは、天板部分にやかんなど水を入れたものを置くことで、乾燥対策ができるところ。ここでは、16畳の居間と14畳程のダイニングキッチンに1台ずつ設置。朝付けておけば1時間程度で過ごしやすい気温まで温めてくれます。

施設内には天井の高い大広間もありますが、そこにはさらに高効率の暖房器具を設置しています。

3.高効率のブルーヒーターは26畳まで対応!

ダイニチのブルーヒーター
ブルーの炎が特徴的なこちらは、DAINICHI(ダイニチ)のブルーヒーター。木造では26畳まで、コンクリート壁であれば36畳まで対応するという高効率のファンヒーターです。

天板部分の内側にファンが仕込まれていて、ブルーヒーターを中心に四方に熱風を送るという全方位型のファンヒーター!天板は暑くならないタイプのため、近付いても火傷する危険が少ないというのも注目したいところ。(※中心部は高温のため注意!)電源を入れてからの稼働も早く、20分〜30分程で暖房効果を実感。広い範囲をカバーしてくれます。

4.8畳程のスペースには小型ファンヒーターが大活躍!

オススメのファンヒーター
寝室にあたる8畳ほどの個室には、小型ファンヒーターが大活躍しています。点火スピードの速さと効率の良さで、8畳程度の部屋ならすぐに暖まり設定温度に気温をキープしてくれます。

こういったファンヒーターにはタイマー機能があるため、夜寝る前に設定しておけば次の日の朝も安心です。
いずれの暖房器具も、十分な換気をすることが推奨されています。閉め切った部屋で使い続けると、体調に影響を及ぼす可能性があるので、きちんと換気しましょうね!

5.寒い冬も灯油があれば大丈夫! 宿泊の方もご安心を!

冬の古民家
灯油を使った暖房器具は、なんだか懐かしい気持ちや季節を感じさせてくれる不思議な効果がありますね。雪に囲まれた地域では、外気温よりも室内の気温が下がることもある寒冷地。地域にあった暖房器具を導入して、快適な冬を過ごして頂きたいと思います。

SHARE BASE 昭和村では高効率の暖房器具を準備してお待ちしておりますので、ご安心していらしてくださいね。

masaki umino

masaki umino

投稿者の記事一覧

茨城県水戸市出身。茨城県立水戸第一高等学校、東洋大学卒業。
その後、専門店、メーカーでBtoC、BtoBの営業経験を経て、株式会社SATORUへ。

関連記事

  1. 費用を抑えて簡単に!庭にウッドデッキをDIY!#6 〜完成へ〜
  2. キッチンが変われば家が変わる!古民家に新しいキッチンを導入!#1…
  3. ゲストハウスらしくなってきた?古民家2階の現状
  4. 除雪作業のコツは掴めた?! 仕事始めは除雪機の出番!
  5. 奥会津で鮎を釣ろう!野尻川の鮎釣り解禁日はいつ?
  6. 静かな村の『蕎麦カフェSCHOLA(スコラ)』昭和村喰丸小にオー…
  7. いよいよ冬本番!福島県昭和村に舞い降りた雪
  8. 古民家再生DIY!内装【大広間】の柱・壁・天井塗装への道#3〜古…

PICKUP

LIFESTYLE

シェアベースプロジェクト
PAGE TOP