ACTIVE

ホクホク感がたまらない!落ち葉を集めて焚き火でつくる、秋の美味しい焼き芋。

これぞ秋の味覚!焚き火で焼き芋をつくる!

食欲の秋、というほど秋は美味しい味覚が勢揃い!集めた落ち葉でつくる焼き芋は、小さな頃の思い出が蘇りますね。秋は焚き火を囲んで、じんわりと火を通したアツアツの焼き芋を食べちゃいましょう!

1.落ち葉が集まったら、秋の味覚の焼き芋を!

焼き芋のやり方
紅葉も終盤を迎えた頃、色とりどりの落ち葉が辺りを埋めていきます。今回は近くに住むカスミソウ農家の友人がサツマイモを持って来てくれたので、一緒に焚き火をしながら焼き芋をやろう!ということで秋の味覚、焼き芋を堪能したいと思います。

2.落ち葉で簡単!焼き芋のやり方

焼き芋 落ち葉 簡単
サツマイモを焚き火で焼き芋にするには、まずは熾火(おきび)を作ることが重要!熾火は、薪や落ち葉の燃えた後、赤く落ち着いた火になっている状態です。燃えているけど火があがっていない、という状態です。

落ち葉を集めて熾火を作っておきます。マッチやライターで火をつけ、最初は勢いよく燃え上がりますが、落ち着くと熾火ができます。風が強い日は火がついた落ち葉が舞う事があるので注意!

●芋の準備手順
①サツマイモを洗って新聞紙で包む。新聞紙ごと濡らして水分を含ませておく。
②新聞紙の上からアルミホイルでしっかりと巻く。
③落ち葉を山のように集めて火を付ける。熾火になったらサツマイモ投入!
④20分〜30分ほど経ったら竹串などを刺して火が通っているか確認する。

火が通っていればホクホクのサツマイモの出来上がり!やけどしないようにアルミホイルと新聞紙を取り除きます。

3.出来上がった美味しいホクホクの焼き芋!

落ち葉で焼き芋を作る
落ち葉で焼き芋を作る
さっそくアツアツの焼き芋をいただいちゃいます!表面の皮から覗く、黄金に輝くサツマイモが眩しい。。。若干火が通っていないものもありましたが、甘くておいしい最高の秋の味覚を堪能。

水分をしっかり含ませるのと、サツマイモが焦げないようにちゃんとアルミホイルで隙間なく包むのがポイントです。本当に熱いので、やけどには注意ですね。焼き芋は、幼い頃の思い出が蘇る秋の楽しいアクティビティの一つです。

masaki umino

masaki umino

投稿者の記事一覧

茨城県水戸市出身。茨城県立水戸第一高等学校、東洋大学卒業。
その後、専門店、メーカーでBtoC、BtoBの営業経験を経て、株式会社SATORUへ。

関連記事

  1. ソファーテーブルをDIY!#2〜木の味が出るステインを使って色付…
  2. 庭の池にいる約20年間ぼっちだった錦鯉に3匹の仲間を!
  3. どうして塗り壁が人気なのか?漆喰など塗り壁の種類や特徴に注目して…
  4. 【SHARE BASE 連載エッセイ】 第6回 『宝探し』。執筆…
  5. 上質なパウダーを占領!フェアリーランドかねやまスキー場で快適ウィ…
  6. 植え付け後約2週間!初めてのじゃがいも栽培の様子は?発芽しない種…
  7. 『GOOUT JAMBOREE 2019』 4月12日(金)〜1…
  8. 福島県のスキー場まとめ! #4〜白河エリア〜2017-2018年…

PICKUP

LIFESTYLE

シェアベースプロジェクト
PAGE TOP