茨城県の子連れにオススメのキャンプ場7選! 都心からもアクセス◎!

都心からもアクセス◎! 実際に行って良かったファミリー充実のキャンプ場をピックアップ!

茨城県といえば、国内で最もキャンプ場が多い地域として有名な県。数年前には茨城県公式のキャンプ場ポータルサイト「いばらきキャンプ」も公開され、2023年には「体験王国 いばらき」をキャッチコピーに掲げた茨城デスティネーションキャンペーンが開催された、アウトドアや体験好きにとって目が離せない超注目エリア!

そんな茨城県で実際に行って良かった、子連れファミリーにオススメしたいキャンプ場を7つピックアップしてご紹介! ぜひ参考に訪れてみては?

【2024/1/15 更新】

1.子連れで行って良かった! 茨城県のオススメキャンプ場7選!


子連れで行って良かった! 茨城県のオススメキャンプ場●選!

ソロキャンプやグループキャンプも良いですが、子供たちが自然と遊べるファミリーキャンプも良い休日の過ごし方ですよね。数え切れないほどあるキャンプ場、選択肢が多い分どうやって選べばいいかも難しいトコロ。個人的に茨城県で行って良かったキャンプ場を7つピックアップしていきたいと思います。


・北茨城市【花園オートキャンプ場】
・久慈郡大子町【キャンプ村やなせ】
・常陸大宮市(栃木県境)【オートキャンプ那珂川ステーション】
・水戸市【アスパイヤの森キャンプ場】
・大洗町【大洗キャンプ場】
・笠間市【にこにこキャンプ】
・つくば市【フォンテーヌの森】

※北から南順。ランキング順ではありません。

それぞれのキャンプ場には特徴があって、川沿いから林間までロケーションも様々。好みに合わせて訪れてみましょう! ここからは、各施設の特徴とおすすめのポイントをまとめていきたいと思います。

2.①北茨城市【花園オートキャンプ場】


花園オートキャンプ場
花園オートキャンプ場は、茨城県北部にある北茨城市のキャンプ場。福島県とも近く、近くには花園渓谷など紅葉の名所もある地域です。サイト周辺には自然が多く、竹林が近くにあるのでいつもとちょっと違う雰囲気でキャンプしたい人にもおすすめのキャンプ場です!

区画サイトは60箇所と、フリーサイトが10箇所、区画サイトのほとんどがAC電源付きのサイトとなっていて、寒い時期でも暖房器具が使えるから、子連れでも安心してキャンプできるビギナーでも安心のキャンプ場です。

花園オートキャンプ場
また、施設内には川が流れ、夏の時期には水遊びもできるのが◎! 浅い川になっていて、生き物を探したりする子供たちもちらほら。子供たちが自分で遊びを見つけられる、充実したキャンプ場になっています。

北茨城市【花園オートキャンプ場】の敷地内は広く、芝生になっているので安心して子供たちが遊ことができます。
敷地内は広く、芝生になっているので安心して子供たちが遊ことができます。

自然に囲まれているので、四季を通して山の風景が楽しめるのもメリット。何より電源サイトが多いのは家族連れにとっての強い味方!区画によっては少し小さく感じるところもありますので、自分たちのテントサイズをよく把握して、予約時に確認しておくと良いかもしれません。

▶︎【花園オートキャンプ場】公式サイトはこちら。

【花園オートキャンプ場】


3.②久慈郡大子町【キャンプ村やなせ】


①大子町【キャンプ村やなせ】「キャンプ村やなせ」は、袋田の滝をはじめとした有数の観光スポットが点在する大子町の久慈川沿いにあります。基本的に芝生のオートサイトになっていて、チェックインしてから希望の箇所にテントを張るスタイル。

近くには川が流れていて、夏になるとライフジャケットを着た子供たちが川遊びをしている様子が見られます。

①久慈郡大子町【キャンプ村やなせ】
オススメしたいのは、1日数量限定で販売される鮎の塩焼き! 焼きたての鮎はほっぺたが落ちるほど美味しい!予約制になっていて、限定数量に達すると販売が終了してしまうので要注意!アウトドアで嬉しい生ビールが販売されているのもオススメポイントです!!

季節によっては近隣地域で開催される打ち上げ花火を見ることもできるので、子供たちにとっては忘れられないキャンプの景色になるかも?

予約は公式LINEから可能なのでスムーズに予約できるのもオススメ。

▶︎【キャンプ村やなせ】公式サイトはこちら。

【キャンプ村やなせ】


4.③常陸大宮市(栃木県境【オートキャンプ那珂川ステーション】


常陸大宮市(栃木県境【オートキャンプ那珂川ステーション】住所的には栃木県だけど、茨城県境ということでピックアップ! 「オートキャンプ那珂川ステーション」は、カヌーアクティビティでも有名な広大な那珂川沿いにあるキャンプ場。ラフティングやカヤック、サップやカヌーツアーも予約できるから、いつものキャンプに冒険のエッセンスを加えることも可能!

常陸大宮市(栃木県境【オートキャンプ那珂川ステーション】川沿いにテントを張ることができて、すぐに川にアクセスできるのも◎! また、受付近くには小さなアスレチックの遊具が置かれていて、子供たちが自由に遊ぶことができます。

常陸大宮市(栃木県境【オートキャンプ那珂川ステーション】
受付の近くには、子供たちが遊べるアスレチックもある。

川沿いのオートサイトで電源はありませんが、雄大な那珂川でのアクティビティを体験できるキャンプ場です。予約は早い段階で埋まってしまうので要注意!

▶︎【オートキャンプ那珂川ステーション】公式サイトはこちら。

【オートキャンプ那珂川ステーション】


5.④水戸市【アスパイヤの森キャンプ場】


水戸市【アスパイヤの森キャンプ場】茨城の県庁所在地水戸市にある「アスパイヤの森キャンプ場」は、キャンプはもちろんBBQ、スケートボードにヨガ、ボルダリング、ドッグランと、さまざまな遊びが複合的に用意されているキャンプ場。

ドッグラン専用サイトもあり、小型犬〜大型犬でドッグランが分かれていたり、犬用のシャワー室が設けられていたりと、子連れはもちろんですがペット連れにも優しい高規格キャンプ場です。

水戸市【アスパイヤの森キャンプ場】
水戸インターから約10分という好立地で、オートサイト、区画サイト、ソロサイト、電源サイトなど豊富なサイトがあります。

アスパイヤの森キャンプ場】
遊びゴコロのある遊具で、ノスタルジックな雰囲気も楽しめる。

洗い場が室内に設置されていて、冬でも洗い物がおっくうにならないのもポイント高。子供たちが無邪気に遊べる遊具や林間サイトならではの落ち着いた雰囲気、充実の設備からリピート率の高いキャンプ場です。

▶︎【アスパイヤの森キャンプ場】公式サイトはこちら。

【アスパイヤの森キャンプ場】


6.⑤大洗町【大洗キャンプ場】


大洗町【大洗キャンプ場】の風景
大洗といえば、夏は海水浴客で溢れるビーチスポット。そんな大洗海水浴場の近くにあるのが、松林の林間サイト「大洗キャンプ場」。松の木下で森林浴しながらキャンプを楽しめます。エリアごとに特徴があり、最大200張という広大な敷地はフリーサイトになっていて、グループでも楽しめるキャンプ場です。

茨城のおすすめキャンプ場の大洗
ほぼキャンプ場の隣にスーパーがあるところ、海の近くの市場で海鮮を仕入れてキャンプで調理できるところ、松の木が良い日陰を作ってくれるところ、トイレが綺麗なところなど、ファミリーキャンプに嬉しいメリットが盛りだくさん! アクティビティ体験も充実しているので、訪れる際には問い合わせてみるのもおすすめです。

茨城キャンプオータムフェスト
近くの涸沼では、キャンプフェスなども開かれる。
近くには涸沼という汽水湖があり、その周辺もキャンプ場となっている上、キャンプフェスのイベント会場となっている時期もあります。そんなイベントに立ち寄ってアクティビティで遊びながら、キャンプ場に戻ってのんびり過ごす、そんな過ごし方もできる遊び方無限大のキャンプ場です。

▶︎【大洗キャンプ場】公式サイト

【大洗キャンプ場】


7.⑥笠間市【にこにこキャンプ】


笠間市【にこにこキャンプ】キャンプ場としての営業は4年ほどですが、オープンしてから行く度にどんどん発展を遂げているのが笠間市の「にこにこキャンプ」。特徴的なオブジェやどこでもドア(?)、そしてツリーハウスなど、オーナーの遊びゴコロが満載の民設、民営のキャンプ場です。

笠間市【にこにこキャンプ】
オーナーが自ら土地を開拓した個性的なキャンプ場で、区画サイトからフリーサイト、渓流サイトと、どんどん開拓されています。管理棟はお湯も出て、もしもの時にも安心なアイテムが揃っているから初心者のファミリーキャンパーでも安心して遊びに来ることができますよ♪

笠間市【にこにこキャンプ】
受付でもある管理棟は、シャワーや電子レンジなど、もしもの時にも役立つアイテムが置いてある。

キャンプ場に入る前の道はかなり狭いので、大型の車両でいく場合には注意が必要です。キャンプももちろん楽しいですが、子供好きなオーナーとの会話も楽しめるキャンプ場ですよ。

▶︎【にこにこキャンプ】(茨城県公式キャンプサイト「いばらきキャンプ」)

【にこにこキャンプ】


8.⑦つくば市【フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992】


つくば市【フォンテーヌの森】ご紹介する中では都心から最も近いつくば市にある「フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992」。広い敷地の中は全て区画サイトになっていて、電源サイトも用意されています。ファミリーキャンプでは、電源があると安心ですよね。

管理棟にはバスケットボール(ゴール)やスケートボード、フリスビー、さらにはミニセグウェイなど、さまざまなアイテムが無料で貸し出しされているので子供達の遊び道具は持って来なくても大丈夫! と言って問題ないでしょう。

つくば市【フォンテーヌの森】
遊び道具だけではなくアスレチックや大型トランポリンなど、常設の遊具で子供が遊園地のように楽しんでくれるキャンプ場です。

つくば市【フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992】
大型のトランポリンも設置されていて、早朝から楽しむ子供達もいる。

また、薪割り台(斧ではなく楔に薪を打ちつけるもの)もサイトのまとまりごとに置いてあるので、薪割りにチャレンジするのもオススメ。専用のハンマーも常設されています。こちらも予約は早く埋まってしまうので、早めにスケジュールをチェックしておくのが◎。

▶︎【フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992】公式サイトはこちら。

【フォンテーヌの森CAMP&BBQ1992】


9.茨城県は子連れファミリーにぴったりのキャンプ場多数! ぜひ道中も楽しんで!


いかがでしたでしょうか、ご紹介したのはオススメキャンプ場のほんの一部。茨城には都心からもアクセスが良い子連れでも楽しめるキャンプ場がまだまだ満載です!

道中には茨城県の地域ならではの観スポットやグルメ、体験も数多くあるので、今年は少し足を伸ばしてファミリーでのキャンプを楽しんでみては?

この記事をシェアする

よく読まれている記事

PICK UP

【サウナー必見】 酒蔵 × サウナ?! 茨城・水戸の酒蔵『明利酒類』で初のサウナイベント開催!

北海道旅行の見どころ満載! 道北のオススメ観光スポットを巡る3泊4日の旅!

長野発アウトドアブランド『ulkona(ウルコナ)』から、煙もニオイも少ない二次燃焼式の焚き火台が登場!

ファイヤーピットをDIY!石を使って庭に焚き火スペースを作る!#3

福島県の”奥会津ならでは”の体験がズラリ!「奥会津体験博覧会 せど森の宴2023」が今年も開催!

SATORUが行く! 奥会津周遊ルート 〜「三島町〜金山町(霧幻峡スタート)」編〜

RANKING

Scroll to Top