0.番外編 福島県昭和村のあれこれ

シーズンオフも見所満載! ひと足早い雪どけの矢ノ原湿原へ。

これからが見頃の『矢ノ原湿原』。ひと足先に雪解けの湿原散策!

4月の中旬の晴れた日、雪もだいぶ溶けてきた矢ノ原湿原の散策へと向かいました。ベストシーズンよりは少し早いですが、まだ雪の残る景色のほか、まだ草木が生い茂る前の見通しの良い景色が楽しめる、ちょっとだけ特別なシーンが広がります。

1.昭和村の天然記念物『矢ノ原湿原』へ。

福島県昭和村の天然記念物になっている高原の湿地帯『矢ノ原湿原』では、水芭蕉が見頃になる春から夏にかけて多くの観光客が訪れます。今回は天気の良い日中、雪解けの矢ノ原湿原に向かってみました!

雪解けの矢ノ原湿原
湿原のそばにある駐車場に車を停めて向かうと、早速迎えてくれたのは鏡のように水面に反射する雪山の絶景! ハイシーズンにはハイスペックなカメラを持った人がこぞって写真を撮るスポットですが、草木が生い茂る前だからこそ見通しが良いですね。

少し肌寒い気温に暖かい日差しが気持ち良く感じます。

福島県の紅葉スポット
こちらは同じ場所から秋に撮った紅葉の風景。どちらも美しいのですが、四季の移り変わりでこれだけ景色が変わるものかと驚きます。
『紅葉と野鳥のさえずりに囲まれる秋の自然散策スポット!福島県昭和村へ来たら矢ノ原湿原へ!』の記事はこちらから。

2.白樺や木々の木漏れ日が気持ち良い散策スポット。

白樺の木
矢ノ原湿原の白樺の木
矢ノ原湿原は自然の宝庫。群生する約280種の植物が多くの人を惹きつけますが、この白樺の木も見もの。美しく白い木肌に気持ちよく晴れた青空に目を奪われます。

矢ノ原湿原の木漏れ日
木漏れ日も気持ちよく、見上げながら歩きたくなってしまいますが、まだこの時期は足元もぬかるみや雪が残っているので注意して歩く必要があります。

野鳥のさえずりが穏やかで、どんな種類の鳥の鳴き声なのかがわかるともっと楽しそう! 植物だけでなく野鳥や珍しい昆虫がいることも、多くの人を惹きつけるポイントなんです。

3. ベストなシーズンはこれから!

矢ノ原湿原の雪
矢ノ原湿原の雪
地元の方に聞けば、冬の間は閉鎖されている矢ノ原湿原までの道ですが、開通してすぐは堅雪になっていて、いつもは歩けない所を歩けるという特別な時期もあるそう。今回は少し遅くなってしまったので、来年はぜひそんな堅雪の矢ノ原湿原もレポートして見たいと思います。

矢ノ原湿原の雪
いずれにしても植物が元気になるこれからがこの湿原のベストシーズン! レンタカーで訪れて昭和村に宿泊すればお得になるキャンペーンも実施されているので、興味のある方はチェックしてみてくださいね。

『車を持たない都会派に朗報!! 秘境 奥会津昭和村への旅は、レンタカー利用が便利で超お得!!』の記事はこちらから。

4.高い場所から見渡す景色も壮大!

矢ノ原湿原の景色
駐車場から車を少し走らせると、高い場所から見渡せる場所も。昭和村にきたら、矢ノ原湿原をはじめとした自然の散策スポットが数多くあります。長い雪の時期を越えて、これからが本領発揮といったところです。

●矢ノ原湿原

●〒968-0214 福島県大沼郡昭和村大芦

masaki umino

masaki umino

投稿者の記事一覧

茨城県水戸市出身。茨城県立水戸第一高等学校、東洋大学卒業。
その後、専門店、メーカーでBtoC、BtoBの営業経験を経て、株式会社SATORUへ。

関連記事

  1. うっかり通り過ぎる前に!! 「SHARE BASE 昭和村」に行…
  2. 第33回 からむし織の里フェアは7月21日(土)22日(日)に開…
  3. お部屋の印象をグッと引き締める。廻り縁(まわりぶち)の交換をDI…
  4. 製氷機の掃除方法は?古民家に残された冷蔵庫を再利用!
  5. マニアも気になる?古民家の気になる骨董品#1
  6. 古民家再生DIY!内装【大広間】の柱・壁・天井塗装への道#1〜使…
  7. トイレを和式から洋式へリフォーム!④〜クッションフロアの張り替え…
  8. 昭和村への移住生活スタート!大量の家財と共に引っ越し開始

PICKUP

LIFESTYLE

シェアベースプロジェクト
PAGE TOP