0.番外編 福島県昭和村のあれこれ

新しい命が生まれる池! 昭和村の卵池(たまごいけ)では珍しい光景に出会える予感。

期間限定で見れる珍しい光景は、昭和村の卵池に!

卵池。名前からしてなんだか気になる池が、昭和村の奥地にあります。卵形? 硫黄の匂い? 由来が気になる卵池は、なんとも珍しい光景の広がる池なんです。

1.反射する木々が美しい、静かな山の中の池。

卵池のある場所は、玉川渓谷の先、「冷湖の霊泉」超えた先にあります。この霊泉に来るまでも、夏の虫の声が響き渡るマイナスイオンたっぷりの山道が広がります。少し道は細めの砂利道ですが、車で行ける道路です。
福島県昭和村の銘水『冷湖の霊泉(ひゃっこのれいせん)』は、暑い夏にピッタリの避暑スポット!!

昭和村のスポット
福島県昭和村の景勝地
どこか秘境感が漂う卵池。愛称かと思いきや正式名称が「卵池」なんですね。それほど広いわけではないですが、水面に反射する木々が美しい景勝地です。

さて、見ただけでは卵池なる由来もわからないと思っていたところ、一風変わった光景が広がっているんです。

2.卵池の由来とは?!

モリアオガエルの卵
モリアオガエルの卵が観察できる場所
近くの木々に目をやると、何やら不思議な物体が木にくっついています。雰囲気的には発泡ウレタンみたいな感じです。実はこれ、あの生物のタマゴだそう。

モリアオガエルの卵が観察できる場所
そう、これ実は『モリアオガエル』の卵! 初夏の時期に、水面に張り出した樹の上に綿状の卵塊を産みつけることでよく知られているそう。こういった場所に産卵したのち、オタマジャクシは木から落ちて湖に放たれるんです。

モリアオガエルは、地域によって希少種に指定されている、水辺でなく林で生活する珍しいカエルだそう。そしてこの光景が見られるのは初夏の産卵の時期だけ。貴重な時期に訪れさせてもらいました。

そして! 卵池の由来はこれだけじゃないんです。

3. まだまだ池に広がる、異様で神秘的な光景!

池にはまだまだ異様な光景が広がります。水際の木々から、水中に目を落とすと、今度はなにやらクラゲの大群に見えるような半透明の物体が、所々に密集しています。

クロサンショウウオの卵
サンショウウオの産卵
近づいて見てみると、これまた卵! 実はこれ、サンショウウオの卵なんだそう。これも初めて見たので驚き。もちろん産卵期にしか見られないとのこと。卵池と名付けられたのも納得するような光景を目の当たりにすることができます。

どのように出来たのかもあまり知られていないという卵池。大きさはそれほど大きくはないですが、中心部は相当深いと言われているので注意。異様で神秘的な卵池には、まだまだ知らないことが秘められている、そんな予感をさせてくれる池です。

◆卵池(たまごいけ)

●〒968-0214 福島県大沼郡昭和村大芦

masaki umino

masaki umino

投稿者の記事一覧

茨城県水戸市出身。茨城県立水戸第一高等学校、東洋大学卒業。
その後、専門店、メーカーでBtoC、BtoBの営業経験を経て、株式会社SATORUへ。

関連記事

  1. BESTEKの壁掛け金具を使って『壁掛けテレビ』をDIY設置! …
  2. 進む冬支度!古民家に雪囲いを設置
  3. 空きスペースを有効活用!SPF材を使ってキッチンにカウンターをD…
  4. DIYでつくる!古民家の1室を「くつろぎスペース」に改造!#2〜…
  5. 古民家の水道配管工事を開始!#1〜既存配管の解体と掘り起こし〜
  6. 新サービス!体験プラン・イベントのマッチングサイト「SHARE …
  7. 1度は行くべき!福島県昭和村のオススメ紅葉スポット5選
  8. 古民家の洗面所をリフォーム!〜③新しい洗面化粧台を置く前に!洗面…

PICKUP

LIFESTYLE

シェアベースプロジェクト
PAGE TOP