0.番外編 福島県昭和村のあれこれ

これぞ昭和村の味!昭和村に来たら絶対行くべき田舎の食堂『やまか食堂』

濃厚なソースカツ丼と自家製麺!昭和村でガッツリ食べるなら、創業50余年の老舗の食堂『やまか食堂』に行けば間違いなし!

昭和村に通な人なら必ず1度は行っている「やまか食堂」。昭和村に移住後、すっかり常連となってしまった我々ですが、満を持してご紹介したいと思います。

1.村内では珍しい開店率ほぼ100%の村の食堂

やまか食堂村内ではほとんど自炊で済んでしまいますが、やっぱりたまに外食したくなります。外食に行くにももちろんチェーン店はありませんし、そもそも村内は外食できる所も少ないです。そんな中、行けばほぼ100%に近い確率で営業しているのがここ「やまか食堂」!いつもお腹を空かせて向かうので、個人的には行ったタイミングでほぼ100%でのれんがかかっているのを見るととても安心します。。。

お休みの日は公式Twitterで告知してくれるのも嬉しいですね。営業情報だけでない様々な情報が受け取れるのも素敵です。
▶やまか食堂 公式Twitterはこちらから

2.肉厚の濃厚ソースカツ丼と自家製手もみ麺

やまか食堂
メニューも豊富なので、いつも何を食べようか迷った末結局頼んでしまうのがこのソースカツ丼。甘めの濃厚ソース、そして肉厚。器からはみ出るほどの肉は、注文ごとに切り分けて作っているそう。
画像引用:日記のようで日記じゃないブログ
そしてこのソースカツ丼の濃厚さにぴったり!自家製麺の大人気のラーメンです。(写真はチャーシュー麺です。)2つ頼むと結構な量になるので食べられる人はガッツリ頂いてください。あっさりした中にも深みのあるスープは飽きないおいしさです。ちなみにチャーシュー麺は味の染み込んだチャーシューが器全体に広がる程あって”650円”。コスパが高いです。

他にも、カツを卵でとじた煮込みカツ丼、定食メニューなどありますが、個人的に初めての人にはソースカツ、もしくは煮込みカツを食べてもらいたいと思います。

3.夏期限定の冷やし中華も楽しみ!

やまか食堂の冷やし中華
そして夏季限定の具沢山な冷やし中華!暑い日本の原風景に囲まれて汗をかいた日は、さっぱりした冷やし中華で決まりでしょう。ロケーションも相まってさらにおいしく感じます。

4.知らない人は「昭和村通」とは言えない老舗の食堂

やまか食堂の冷やし中華
外食できるお店が少ない昭和村の中でも「開いてて良かった」老舗のやまか食堂。ケガをして脚を引きずっている日も快く迎えてくれた日もありました。いつも笑顔で迎えてくれるご夫婦の営む「やまか食堂」。この味を知らなければ昭和村通にはなれません。

5.アクセス

●やまか食堂
 〒968-0103 福島県大沼郡昭和村下中津川中島1618
●休日はTwitterで告知
●AM11:00〜PM18:00迄営業(材料なくなり次第終了)

masaki umino

masaki umino

投稿者の記事一覧

茨城県水戸市出身。茨城県立水戸第一高等学校、東洋大学卒業。
その後、専門店、メーカーでBtoC、BtoBの営業経験を経て、株式会社SATORUへ。

関連記事

  1. 古民家再生〜内装編〜 2017年11月以降に更新予定!
  2. 引っ越し後のガス設置の依頼と点検
  3. 日本の古道には自然の魅力がたっぷり。昭和村の喰丸峠を整備する道普…
  4. 福島県昭和村の「からむし」が映画に。映画『からむしのこえ』上映会…
  5. 古民家再生DIY!キッチンスペースのDIYリフォームへの道〜床編…
  6. 【壁】古民家キッチンを壁紙仕上げにする時の3ステップと気づいた事…
  7. 昭和村の夏!第32回からむし織の里フェアイベントレポート
  8. 福島県昭和村で非日常を体験! 狩猟に同行する『冬の雪山散策またぎ…

PICKUP

LIFESTYLE

シェアベースプロジェクト
PAGE TOP