0.番外編 福島県昭和村のあれこれ

福島県昭和村の紅葉を一望!「奥会津昭和の森キャンプ場」では、古き良き日本の集落と紅葉を見渡せる!

いつまでも変わらない景色に郷愁を覚える。

村全体が紅葉スポットの福島県昭和村。秋の奥会津昭和の森キャンプ場では、紅葉した山々の色づきと、古い住宅や暮らしが残る日本の古き良き集落とがマッチした、ノスタルジックな風景を臨むことが出来るんです。

1.奥会津昭和の森キャンプ場へ

奥会津の紅葉
村にいれば家を出ると同時に見渡す限りの紅葉。これぞ村全体が紅葉スポットと言わしめる所以ですね。車で移動する時も、よそ見をしてハンドル操作を誤らないか、目も心も奪われるような景色です。
奥会津昭和の森キャンプ場
みはらし広場へは、300m程のプチトレッキングを経て辿り着く絶景へ。歩きやすい靴であれば特に難しい事もなく辿り着けます。落ちた葉を踏んで歩く音が、秋の深まりを感じさせてくれます。歩く季節によって音や空気が変わるので、日本の四季はおもしろいですね。

2.村の紅葉を一望、日本の秋を実感!

奥会津の紅葉スポット
春から夏にかけても、山々のいろいろな緑が楽しめますが、比較的マツやスギが少ない昭和村では、赤、黄色、橙、様々な紅葉の色合いとグラデーションを作り出してくれます。
東北地方 紅葉スポット
早速みはらし広場から昭和村を見渡すと、ボワっと柔らかく紅葉した木々が目に飛び込んで来ます。澄み渡った空を流れる雲の影が、山に表情を与えてくれるようです。

奥会津昭和の森キャンプ場
集落を見渡すと、古き良き住宅と紅葉した山々が相まって郷愁を覚えます。紅葉した山は、毛足の長い絨毯や毛布のようにふわっとしていて、昭和村を囲んでいるかのようにも見えます。
田舎 風景
同じ場所の夏の景色がこちらです。田んぼが青々と広がり、夏の田舎の風景が見渡せます。秋の景色と比較して見てみると、どれだけ多くの木々が色づいているかが目に見えるかと思います。

そしてここ福島県昭和村は、冬は積雪が2mを越す豪雪地帯となるため、12月には真っ白な雪に覆われます。四季が目に見える、日本らしい風景を福島県昭和村では目の当たりにする事が出来ます。古き良き日本の集落と紅葉を見渡せるこの地域とスポット、不思議と郷愁を覚える感覚を味わえるはずです。

奥会津昭和の森キャンプ場についてはこちらの記事でもご紹介しています。
▶奥会津昭和の森キャンプ場へ行ってみた!昭和村を一望できる絶景がそこにはあった。

▶奥会津昭和の森キャンプ場公式WEBページ

3.アクセス


●奥会津昭和の森キャンプ場

●〒968-0214
福島県大沼郡昭和村大芦 福島県大沼郡昭和村大芦小矢ノ原地内

4.SHARE BASE 昭和村 宿泊のご予約はこちらから

福島県昭和村 宿泊
SHARE BASE 昭和村は、福島県奥会津の昭和村野尻地区にあります。歴史ある築150年を越える古民家を、「皆で共有できる秘密基地へ」をコンセプトにした素泊まりの古民家再生ゲストハウスです。奥会津の紅葉狩りの拠点にも是非ご利用ください。
SHARE BASE 昭和村の古民家や庭、蔵など、手つかずの部分がまだまだ残されています。歴史を紡ぐ古民家を、皆の手で工夫しながら残していくという考えのもと、進化し続けることがSHARE BASEプロジェクトの特徴です。是非、昭和村へお越し下さい。
▶SHARE BASE 昭和村 宿泊システムについて

SHARE BASE 昭和村では求人募集を開始しました!
住み込み、短期、移住体験として、リゾートバイト感覚で・・・。働き方に関してはお気軽にお問い合わせください!
▶SHARE BASE 昭和村 求人募集ページ、問い合わせはこちらから

masaki umino

masaki umino

投稿者の記事一覧

茨城県水戸市出身。茨城県立水戸第一高等学校、東洋大学卒業。
その後、専門店、メーカーでBtoC、BtoBの営業経験を経て、株式会社SATORUへ。

関連記事

  1. 古民家再生施設『SHARE BASE 昭和村』村内オープンハウス…
  2. 昭和村一番の広さ!?庭の池のご紹介
  3. うっかり通り過ぎる前に!! 「SHARE BASE 昭和村」に行…
  4. 実りの秋、昭和村の新米の季節がやって来ました!
  5. 古民家再生DIY!キッチンスペースのDIYリフォームへの道〜天井…
  6. 奥会津昭和の森キャンプ場へ行ってみた!昭和村を一望できる絶景がそ…
  7. 空きスペースを有効活用!SPF材を使ってキッチンにカウンターをD…
  8. 古民家再生DIY!玄関の床板と敷居の改修!①〜解体で見えた恐るべ…

PICKUP

LIFESTYLE

シェアベースプロジェクト
PAGE TOP