4.庭・外構編 〜外構の着手から完成まで〜

コストコのガゼボ(東屋)を設置するために。土台のウッドデッキをDIY!! #2〜位置と水平を測る丁張り(遣り方)〜

水平を取るための超重要作業!! 土台づくりに大切な「丁張り」を開始!

コストコのガゼボ(東屋)を建てるべく、裏庭の整地をした前回。雑草を取り除いてみると、庭の地面は予想以上に凹凸が激しく、幅や奥行きの高さがそれぞれ違っている状態。今回はそんな地面の凹凸をクリアする土木工事の基礎、丁張りにチャレンジしてみました。

1.丁張りってどういう作業?

よく工事現場で、木の杭や板で囲われている状態を目にしたことがある人も多いはず。実はあれ『丁張り』という作業。

丁張り(遣り方)とは、「建物を建てるために施工する、基準となる仮設工作物」と解釈されています。 実施することで「建物の水平方向の高さ」や「建物の配置」が明確になる、超重要な作業!
丁張りのやり方
丁張りをDIY
この作業をせずに水平器のみでウッドデッキを作ってみましたが、波打つように水平の取れていないものが出来上がってしまったことも。本来であれば四方をぐるっと木枠で囲みますが、今回は四つ角のみという簡易的な施工を教わりながらやってみました!

2.丁張り作業の手順。

●木杭を打ち込んで直角を出す。

まずは施工する場所を決め、四方の直角を出しつつ木杭を打ち込んでいきます。
丁張りの杭打ち
丁張りの杭打ち
この時にようやく登場するのが、前回作っていた大きな直角三角形。これは「ピタゴラスの定理(3:4:5の法則)」を使い、端材で直角三角形をつくります。大きければ大きいほどより正確に直角の位置が出せるので、少し重いですがコレを使って位置決めをします。

●水平をはかり水糸を張る。

水平をとる方法
四方の位置を決めたら、実際に予定している大きさよりも広く杭を打って枠を作っていきます。教えてもらった師匠は本格的な測量のアイテムを持っていたので、そちらを借りて水平をチェック。
DIYでウッドデッキを作る方法
大きめに打った四方の杭に、水平に板を打ち付け、最初に打った杭を目印に水糸を張っていきます。この四方に張られた水糸が、高さを測る基準になるというわけです! 理論はわかっても、素人にはなかなか理解しながら行うのは難しかった。。。

●水糸の高さを基準にして土台の高さを調整。

DIYでウッドデッキを作る方法
DIYで水糸を張る
水糸まで張ると、工事現場らしくなってきました! あとは基準になる場所の高さを決めて、水糸からどれくらいの距離があるかで全体的な水平を取ることができます。

ここから高い位置の土を掘ったり土台のコンクリートを調整したり、ウッドデッキの枠を作ったりと、土木や大工工事が始まっていきます。

3.次回は土木・大工工事へ!

コストコのガゼボを作るやり方
古民家の2階から全体を見てみると、なかなかそれらしい現場になってきたのがわかります。土木工事は体力勝負、梅雨の時期はかなり天気に左右される作業ですが、少しずつ秘密基地を進化させていきたいと思います。

「コストコのガゼボ(東屋)を設置するために。土台のウッドデッキをDIY!! #3〜土木工事と土台組み〜」

masaki umino

masaki umino

投稿者の記事一覧

茨城県水戸市出身。茨城県立水戸第一高等学校、東洋大学卒業。
その後、専門店、メーカーでBtoC、BtoBの営業経験を経て、株式会社SATORUへ。

関連記事

  1. 田舎の食文化を体験しよう!『第19回 昭和村秋味まつり』が開催!…
  2. 栄養価にも注目したい、昭和村の『苧(からむし)』がラーメンに?!…
  3. 川遊びも楽しめる!! 福島県昭和村の『玉川渓谷(たまがわけいこ…
  4. 古民家再生DIY!キッチンスペースのDIYリフォームへの道〜壁編…
  5. 絶景が望める『奥会津 昭和の森 キャンプ場』。3月15日より20…
  6. 古民家再生に向けて、閉ざされた蔵の開放!
  7. 【2018年 年末のご挨拶】
  8. 昭和村の夏!第32回からむし織の里フェアイベントレポート

PICKUP

LIFESTYLE

シェアベースプロジェクト
PAGE TOP