4.庭・外構編 〜外構の着手から完成まで〜

豪華なキャンプの定番!ワンポールテント(モンゴルテント型)をウッドデッキに設置!

おしゃれで快適なワンポールテントをウッドデッキの上に設営します!

工夫と体力を駆使して作ったウッドデッキに、待ちに待ったテントを設置します。テントはおしゃれで快適な空間を演出するワンポールテント(モンゴルテント型)を用意。内装はおいおいこだわるとして、今回は設営の様子をご紹介します。

HelloPretty B モンゴルテント

今回設営するテントは、HelloPretty B というワンポールタイプのモンゴルテント型のテントです。このタイプのものといえば、nordiskのアスガルドなどが有名ですが、山間地域での急な雨に備えて耐水性の高いタイプのものを選びました。内装にこだわれるよう、直径5mのサイズを設営していきます。 今回設営する場所は、DIYで作ったウッドデッキの上です。
費用を抑えて簡単に!庭にウッドデッキをDIY!の記事はこちらから

梱包されている状態

HelloPretty Bの梱包時こちらは、テントが梱包されている状態です。さすがの大きさと金属製のポールを備えているため、重量は相当あります。持ち手が着いていますが、まともに持つとちぎれそうなので2人がかりでウッドデッキまで運び込みました。

さて、運んだ後はいよいよ開梱です。

①テントをウッドデッキに広げてみる

テントの設営準備開梱してウッドデッキにテントを広げてみました。厚手の生地で頑丈そうです。予想通りの大きさで、ウッドデッキを予定よりも少し大きく作ったので何なくエリア内に収まりました。

②中にポールを立てる

テントの中にポールを立てます。直径35mmのステンレス鋼管は重みがあってしっかりと支えてくれそうです。通常のワンポールテントは一人でも設営ができる程簡単なのですが、今回は直径5mもあるので、ポールが最初は安定しません。中で押さえる係と、グランドシートを固定する係に分かれます!固定係は動けますが、ポールを支える係は大変そう。。。

③テントをウッドデッキに固定

テントをウッドデッキに固定していきます。今回は試し張りも兼ねて、付属の固定ゴムをネジにひっかける方法で張ってみました。テントの床がたわまないように広げていきます。本格的に設営するときは、フックとS字金具を用意してしっかりと固定していきたいですね。

④フライシート部を紐で引っ張って固定

テントの屋根となる部分を、紐で引っぱり固定します。この作業であらかたのワンポールテントの形が見えてきます!このとき、結構なテンションをかけて引っ張ると綺麗な形ができてきます。8カ所を固定し、いよいよこのテントの全貌が見えました。

テント張り完了!

ワンポールテントの設営完了HelloPretty B直径5mの大容量テントが立ち上がりました!今後は内装用家具を揃えて、豪華なキャンプ施設のプレイスペースを作っていきたいと思います。くつろぎの内装を早く仕上げたいですね。肌寒い季節なので、防寒対策も兼ねて準備していきたいと思います。冬本番はクローズしますが、外で過ごせる時期はBBQやキャンプ泊など、いろいろな楽しみ方の想像が膨らみます。

masaki umino

masaki umino

投稿者の記事一覧

茨城県水戸市出身。茨城県立水戸第一高等学校、東洋大学卒業。
その後、専門店、メーカーでBtoC、BtoBの営業経験を経て、株式会社SATORUへ。

関連記事

  1. 組み立て式なら簡単?古民家に手洗い専用の洗面台をDIYで取り付け…
  2. 空きスペースを有効活用!SPF材を使ってキッチンにカウンターをD…
  3. 除雪作業のコツは掴めた?! 仕事始めは除雪機の出番!
  4. いよいよ冬本番!福島県昭和村に舞い降りた雪
  5. 想いで紡いだ糸で作り上げる美しさ。『第25期 からむし織体験生・…
  6. 超簡単!トイレ床、クッションフロアの張り替えをDIY 超簡単!トイレ床、クッションフロアの張り替えをDIY
  7. 昭和村道の駅からむし織の里 昭和村と日本を繋ぐ交流の場所 道の駅からむし織の里
  8. 草刈り機を使って、庭の草刈りを開始!草刈り機の使い方のコツとケガ…

PICKUP

  1. 古民家掃除

LIFESTYLE

シェアベースプロジェクト
PAGE TOP