ACTIVE

贅沢なスローライフの過ごし方!アウトドアでのんびりした休日を

山から下りてくる新鮮な風。仲間と過ごす休日は、手作りテーブル&ベンチで日向ぼっこと夕涼みが贅沢な時間。

贅沢を感じるときはどんな時?

18歳で上京してから、都心にも程近く、不便の無い地域に住んできました。流行りのお店や遊び場に行ったり、いい物を買ったり食べたり、1人暮らしで自由を満喫したり。贅沢を感じる時はいろんな場面であって、もちろんそれはそれで満足していたし、自分なりの贅沢って人それぞれであると思います。

僕は学生のアルバイト時代、中国から留学して来たバイトの先輩に、考え方を変えられる一言を言われたことが。ふと僕が「ドイツの人って仕事も早く終えて、お昼くらいからビールを飲む人もいて良いですよね〜」とその人に話すと、「それが贅沢と思うなら、そこに行って生活すればいいんじゃない?俺は中国人だけど、日本に憧れて今ここにいるから」と簡単に返された事で、ぐうの音も出ないくらい納得させられた経験がありました。要は自分次第なんだなぁと。

贅沢な時間は自分の感覚で作る

流行り廃りではなく、自分がこうしたいと思ったことができて、何も無い所でも自分の感覚で贅沢を作ることができるのって幸せだなと、手作りのテーブルとベンチを仲間と囲んでいる時に感じます。

この日は日向ぼっこをしながらのんびり♪夏ならではの暑さと夏の匂いと虫の声。お腹が空いたら冷え冷えのそうめんを食べて、涼しい田舎の夕暮れを満喫!こんな時間も贅沢なスローライフの一つだと、ここに来て思いました。

皆さんも、自分の思う贅沢って何か考えてみてくださいね♪いいなと思ったことを思い切ってしてみるのが、贅沢への一番の近道かもしれないですね!

masaki umino

masaki umino

投稿者の記事一覧

茨城県水戸市出身。茨城県立水戸第一高等学校、東洋大学卒業。
その後、専門店、メーカーでBtoC、BtoBの営業経験を経て、株式会社SATORUへ。

関連記事

  1. 福島市の行列必至の老舗ラーメン店『伊達屋(だてや)』。ラーメンフ…
  2. お店に行きたくてウズウズ。 会津田島「CAFE JI MAMA …
  3. makuakeで話題のアウトドアショーツ「TrailHead S…
  4. カスミソウを暮らしのアクセントに!誰でも簡単なドライフラワーに挑…
  5. 見ても乗っても楽しめる、只見線に手を振って応援しよう!手を振るだ…
  6. 9月でもまだ間に合う?桃狩りができる福島でオススメの果樹園
  7. 憧れの囲炉裏(いろり)のある暮らし!現代の暮らしにはない囲炉裏の…
  8. アウトドア界の3つ星シェフ!! トランギアの【メスティン】で絶品…

PICKUP

シェアベースマッチング

LIFESTYLE

シェアベースプロジェクト
PAGE TOP