登山入門者からベテランにまで愛されるMSR「エリクサー2」を設営! キャンプで使ってみたら最高だった!!

使い勝手と携帯性に優れた自立式テント。登山泊やバックパックキャンプで活躍すること間違いなし!!

キャンプや登山泊をする方なら一度は聞いたことがあるアウトドアブランド「MSR」。今回はそんなMSRから発売の人気テント「エリクサー2」を実録レビューしていきます!
携帯性に優れとても使いやすいテントとなっておりますので、コンパクトなテントを探している方は要チェックですよ!!

1.世界中の登山家から支持されるアウトドアブランド「MSR」

MSR
画像引用:WEST WEB MAGAZINE.
アメリカのアウトドアブランド「MSR」。このMSRとは「Mountain Safety Research 」の頭文字の略で、その名の通り登山を楽しむ全ての人に向けて創設されたブランドなんです!

近年は、その携帯性や機能性がアウトドア愛好家からも高く評価され、多くのキャンパーから支持されるブランドとなっております。今回はそんなMSRから発売されている人気テント「エリクサー2」をみなさんにご紹介していきます!

MSR公式WEBサイトはこちらから!

2.MSRの人気テント「エリクサー2」を実際に設営してみた!

MSRテント
MSRは登山者向けのメーカーということもあり、プロダクト自体がとてもコンパクト!テントの設営はこちらのポールの収納袋に記載されている、イラスト説明書を見ながら行います。どことなくIKEAの商品説明書に似ていますね!
私もこのテントを設営するのは初めてなのですが、これを見ながらなんとかやってみたいと思います‥!

エリクサー2
まずはグランドシートを敷きます。今回は雨も降っていたということもあり、一番下には市販のビニールシートを敷いております!

エリクサー設営
次に付属されているこちらのポールを組み立てていきます。

ソロテント
組み立てたポールはこんなにも長いんです!それではこれをグランドシートに設置していきます。

登山泊テント
グランドシートの四隅にはポールをジョイントするハトメがありますので、こちらにポールの先端をはめていきます。

登山テント
グランドシートにポールが付くと、このように自立するようになります!

自立式テント
あとはインナーテントをポールに吊り下げていきます。ここでワンポイント!! このテントは吊り下げる際に間違えないよう、ポールのカラーとフックのベルトのカラーが一緒になっているんです!

おしゃれなテント
こちらはシルバーのポール側。ベルトのカラーもきちんとシルバーになっています!こういう細かい気配りは非常に嬉しいですね♪

かっこいいテント
全部のフックを吊り下げるとこんな感じ。しかし、これで終わりではないんです!

海外のテント
最後にインナーテントのトップにもう一本短いポールを設置することで、テント内の空間をここまで広く確保できるんです!私自身いろんなテント見てきましたが、ここにポールがあるとないとでは、テントの居住空間が大きく変わってきます!!

一人用テント
夏はこれだけでもいいのですが、この日は雨模様でしたのでフライシートをかけていきます。ちなみにこのエリクサーのフライシートがグリーンなのは、ヨーロッパ限定カラーだからです!

高山テント
フライシートをかけたら、各所をペグダウンしていきます。

キャンプギア
この日は風が全くなかったので張りませんでしたが、もちろんガイロープも設置可能な構造となっておりますので、風が強い日や高山帯で設営する際にはご活用ください!

初心者テント
さて、これであっという間にMSRエリクサー2の設営が完了いたしました!初めての設営であのイラストを見ながらやったのですが、20分もかからずに設営することができました。おそらく慣れれば15分かからずに設営が可能かと思います♪

こちらにエリクサー2のスペックを記載しておきますので、参考にしていただければと思います!

〜 MSR エリクサー2 テントスペック 〜

定員:2
ドアの数 :2
総重量:2770g
フロア面積: 2.69m²
前室面積 :2.22m²
室内最大高: 102cm
収納サイズ :51×17cm
ガイコードポイント:4
フライ材質 :68D ポリエステルリップストップ 耐水圧1,500mm ポリウレタン&DWR コーティング
ポール材質 :7000 シリーズアルミ
キャノピー材質:40DリップストップナイロンDWR コーティング、20D マイクロメッシュ
フロア材質 :70D ナイロンタフタ 耐水圧3,000mmポリウレタン&DWRコーティング

MSR公式「エリクサー2」商品ページはこちらから!

3.要点をきちんとおさえた使いやすさ!!

楽なテント
では、設営が無事に完了いたしましたので、テントを見ていきたいと思います!

エムエスアール
まずこちらが前室になります。このくらいのスペースがあれば、荷物や靴などを十分に置くことができますね!

エリクサー
そして、気になるテント内はというと、このくらい広々としております!一人用のマットレスを敷いてもこの通り。
正直一人用のテントってかなり窮屈なので、個人的にはソロキャンプだとしても荷物を中に置くこともできる、このくらいのサイズがオススメです!!

簡単なテント
また、このテントは自立式ということもあり、このように簡単に持ち運ぶことができます。急遽場所を変えたいときや、撤収時にテントを乾かしたい時などはとても楽ですよ♪

4.1張は持っておきたい携帯性に優れたテント!

インナーテント
さて、今回はMSRから発売の人気テント「エリクサー2」を実際に設営してご紹介してまいりましたが、みなさんいかがでしたでしょうか?
軽量かつコンパクトでその上使いやすく、登山泊やバックパックキャンプをする方に愛される理由が分かってもらえたかと思います♪

MSRではこのほかにもシーンに合わせた多種多様なテントや、おしゃれで機能性が高いバーナーなども展開しておりますので、気になる方はぜひチェックしてみてください!携帯性に優れた自立式テント、ひとつ持っておくのもいいかもしれませんね♪

MSR公式WEBサイトはこちらから!

この記事をシェアする

よく読まれている記事

PICK UP

【サウナー必見】 酒蔵 × サウナ?! 茨城・水戸の酒蔵『明利酒類』で初のサウナイベント開催!

福島県の”奥会津ならでは”の体験がズラリ!「奥会津体験博覧会 せど森の宴2023」が今年も開催!

冬がオススメ!北海道のサウナ聖地「白銀荘」でととのう極上の旅。

北海道旅行の見どころ満載! 道北のオススメ観光スポットを巡る3泊4日の旅!

ウワサのROOT.COのMAG REELは、キャンプから日常使いまでベストな相棒だった!!

SATORUが行く! 奥会津周遊ルート 〜「三島町〜金山町(霧幻峡スタート)」編〜

RANKING

Scroll to Top