LIFE STYLE

欧州の雰囲気がオシャレでかわいい!! 日本初のオールインワンピクニックバッグ専門店 「LoaMythos(ロアミトス)」。

日本初のオールインワンピクニックバッグ専門店 「LoaMythos(ロアミトス)」をご紹介!!

最近、アウトドアレジャーが非常に注目を浴びています。その中でもキャンプはとても人気で「第二次キャンプブーム」とも呼ばれるほどなんです! 今回は、昔からキャンプが好きでよく行っている私たちも大注目の、家族で、カップルで、女子キャンプにも持ってこいのピクニックバックブランドを発見! とても素敵なブランドなので、ご紹介していきたいと思います。

1.新しいおしゃれなキャンプスタイルの誕生!!

キャンプ
みなさんはキャンプと聞くとどんなイメージをするでしょうか?行った時のない方は「野営」「野宿」などを想像するんではないでしょうか。
本来キャンプとは野外で一時的な生活をすることなんですが、時代が進んでいくにつれて非日常を感じるアクティビティへと変化を遂げてきました。また、以前より教育の観点からも注目をされていて、ボーイスカウトなども世界各国で活動しております。

それでは、なぜ今キャンプブームになっているのか、その要因の1つはキャンプの多様化にあります。「ソロキャンプ」「ブッシュクラフトキャンプ」「ファミリーキャンプ」「グループキャンプ」と様々なキャンプが増えていく中、新しいジャンルとしてオシャレなキャンプが誕生していきました!

それではまず、以前にはなかった新しいオシャレなキャンプスタイルをご紹介します!!

〜 海外発のおしゃれキャンプ!!【グランピング】〜

おしゃれなグランピング
画像引用:taicoclub
まず海外発のおしゃれキャンプ『グランピング』。この『グランピング』とは「グラマラス」「キャンプ」が合わさってできた造語で、昔ながらの不便さを楽しむキャンプとは違い、アメニティ付きのリゾートキャンプなんです。海外のセレブや女性を中心に人気となり、近年のキャンプブームの火付け役の1つとなりました!

〜 人気急上昇中!!【女子キャンプ】〜

女子キャンプ
画像引用:hinata
『グランピング』の登場やキャンプを題材としたアニメなどが注目を集め、キャンプへ行くハードルが下がり誕生したのが『女子キャンプ』です!! インスタグラムなどのSNSに写真を投稿する人が増えていく中、女の子だけでオシャレにキャンプをしてその様子をアップするのが人気となり、ここ最近で女性キャンパーが急増していきました!

今回は、そんな『グランピング』『女子キャンプ』などにピッタリな、とってもオシャレで可愛らしい商品を見つけたので、みなさんにご紹介していきたいと思います!

2.日本初!ピクニックバッグ専門店 「LoaMythos(ロアミトス)」

ロアミトス
画像引用:loamythos
今回ご紹介するブランドが、こちらの日本初のオールインワンピクニックバッグ専門店 「LoaMythos(ロアミトス)」です!!

こちらのブランド、旅行好きな創業者の方がヨーロッパを巡っている最中に、公園や海が人々の憩いの場になっているのを目にしたそうで、街中の自然を感じる場所に人々が集まり青空の下でピクニックをしたり、裸足になって歩いたり、草花の匂いを嗅いだりと、時間に追われる無機質な都市生活とは全く違った豊かなその光景に心を揺さぶられ、日本国内でも気軽に優雅なピクニックを楽しめるようにと立ち上げたそうです!

「LoaMythos(ロアミトス)」「Natural×Connection×Sustainable」をコンセプトに、ちょっぴり優雅なヨーロッパスタイルのピクニックスタイルを提案しています!

おしゃれキャンプ
画像引用:loamythos
また「LoaMythos(ロアミトス)」は環境保全にも取り組んでおり、【ピクニックバッグのユーザーが増えれば、使い捨てを減らせ、ゴミを出さないエコな習慣を持つ人が増えることにつながり、さらには緑を守り・育むことにつながる】という考えのもと、商品売上の一部を森林・環境保護団体へ寄付しているそうです!!

「LoaMythos(ロアミトス)」の公式HPはこちらから!

3.可愛くて素敵な商品ラインナップ!!

それではそんな素敵な「LoaMythos(ロアミトス)」が展開する、ピクニックバックの全ラインナップをご覧ください!!

〜 All in One Picnic Ruck(4人用)〜

ピクニックバック
画像引用:loamythos
〈サイズと重量〉
幅30.0cm×奥行き20.0cm×高さ41.5cm
[防水レジャーシート134cm×114cm]
重量:2290g
〈素材〉
表地:ポリエステル
裏地:PEVA絶緑
〈商品概要〉
●4人分のカトラリーセット(ナイフ・フォーク・スプーン・プレート・テーブルナフキン・ワイングラス)調味料入れ×2、オープナー(栓抜き、コルク抜き、ナイフ付き)・チーズナイフ・レジャーシート各1つがセットで一式そろっています。
●グラス、お皿、調味料入れは割れにくいプラスチック素材。
●バッグ内部はクーラーバッグ仕様(PEVA絶緑素材)保温・保冷が可能です。
●右サイドにはワインボトルも入る取り外し可能なドリンクホルダーが付いてて、こちらもPEVA絶緑素材で保冷が可能になっています。
●左サイドには防水レジャーシート(134cm×114cm)が付属。裏地は防水で濡れた芝生や土の上でも使えます。

〜 All in One Picnic Ruck(2人用)〜

おしゃれキャンプギア
画像引用:loamythos
〈サイズと重量〉
幅30.0cm×奥行き20.0cm×高さ41.5cm
[ブランケット134cm×114cm]
重量:1860g
〈素材〉
表地:ポリエステル
裏地:PEVA絶緑
〈商品概要〉
●カトラリーセット、お皿、グラス、調味料入れ、テーブルナフキン、栓抜き、まな板が付属してます。両脇にはドリンクホルダーと、レジャーシートがセット。
●グラス、お皿、調味料入れは割れにくいプラスチック素材。
●保温・保冷クーラーバッグ。バッグ内部とドリンクホルダーはPEVA絶緑素材で保温・保冷が可能です。
●付属の防水レジャーシート(134cm×114cm)の裏地は防水で濡れた芝生や土の上でも使えます。

〜 Chair Type All in One Picnic Cooler Bag(2人用)〜

おしゃれキャンパー
画像引用:loamythos
〈サイズと重量〉
幅28.0cm×奥行き20.0cm×高さ38.0cm
重量:2235g
〈素材〉
表地:ポリエステル
裏地:PEVA絶緑
〈商品概要〉
●上に座ることが可能なチェアータイプ・ピクニッククーラーバッグ
●2人分のカトラリーセット(フォーク、ナイフ、スプーン、グラス、プレート、テーブルナフキン)調味料入れ×2、まな板・オープナー各1つがセットになっています。
●グラス、お皿、調味料入れは割れにくいプラスチック素材。
●バッグ内部はクーラーバッグ仕様(PEVA絶緑素材)保温・保冷が可能です。

〜 Shoulder Type All in One Picnic Cooler Bag (2人用)〜

女子キャンパー
画像引用:loamythos
〈サイズと重量〉
幅39.0cm×奥行き27.0cm.×高さ31.5cm
重量:1300g
〈素材〉
表地:ポリエステル
裏地:アルミ
〈商品概要〉
●肩にかけられるショルダータイプ・ピクニッククーラーバッグ
●2人分のカトラリーセット(フォーク、ナイフ、スプーン、グラス、プレート、テーブルナフキン)調味料入れ×2、まな板・オープナー各1つがセットになっています。
●グラス、お皿、調味料入れは割れにくいプラスチック素材。
●バッグ内部はクーラーバッグ仕様(PEVA絶緑素材)保温・保冷が可能です。

〜 Tote Type All in One Picnic Cooler Bag(4人用)〜

おしゃれなピクニック
画像引用:loamythos
〈サイズと重量〉
幅(最小)47.0cm〜(最大)61.0cm×奥行き21.0cm×高さ40.0cm
重量:1705g
〈素材〉
表地:ポリエステル
裏地:アルミ
〈商品概要〉
●家族で使えるトートタイプ・ピクニッククーラーバッグ
●4人分のカトラリーセット(フォーク、ナイフ、スプーン、グラス、プレート、テーブルナフキン)調味料入れ×2、まな板×1、オープナー(栓抜き、コルク抜き、ナイフ付き)×1がセットになっています。
●グラス、お皿、調味料入れは割れにくいプラスチック素材。
●バッグ内部はクーラーバッグ仕様(PEVA絶緑素材)保温・保冷が可能です。

〜 All in One Picnic Basket(保温・保冷ができるミニクーラーバッグ付き)〜

おしゃれな休日
画像引用:loamythos
〈サイズと重量〉
幅38.0cm×奥行き25.5cm×高さ19.5cm
重量:2030g
〈素材〉
表地:ウィッカー
裏地:綿、合皮
〈商品概要〉
●映画で見るあのイギリス式ピクニックバスケットが日本に上陸
●2人分のプレート、カトラリー、コップが一式セット。各2名分のフォーク、ナイフ、スプーン、グラス、プレート、テーブルナフキン。塩やスパイスなどちょっとした調味料を持ち運べる調味料入れ×2。
オープナー(栓抜き、コルク抜き、ナイフ付き)×1。
●グラス、お皿、調味料入れは割れにくいプラスチック素材。
●料理やドリンクを持ち運ぶときに欠かせない保冷バック付き。
※1つひとつ編み上げたハンドメイド商品です。天然のウィッカーを使用している為、色ムラや黒ずみ、ささくれ、割れ等がみられる場合がありますが、天然素材製品の風合いとしてご理解ください
※天然素材の特性上、またはハンドメイドの為、寸法やデザインに個体差があります。ハンドルの長さや、カゴのサイズも、一点一点異なります。
天然素材のバスケットは、色ムラ、天然の黒ずみ、ささくれ、ヒビ割れ等がみられる場合がございます。

〜 両開きAll in One Picnic Basket(2人用)保温・保冷クーラーバッグ付き 〜

大人の休日
画像引用:loamythos
〈サイズと重量〉
幅45.0cm×奥行き29.5cm×高さ25.5cm
重量:2585g
〈素材〉
表地:ウィッカー
裏地:綿、合皮
クーラー部分:アルミ
〈商品概要〉
●映画で見るあのイギリス式ピクニックバスケットが日本に上陸
●2人分のプレート、カトラリー、コップが一式セット。各2名分のフォーク、ナイフ、スプーン、グラス、プレート、テーブルナフキン。塩やスパイスなどちょっとした調味料を持ち運べる調味料入れ×2。
オープナー(栓抜き、コルク抜き、ナイフ付き)×1。
●グラス、お皿、調味料入れは割れにくいプラスチック素材。
●料理やドリンクを持ち運ぶときに欠かせない保冷バック内蔵。
※1つひとつ編み上げたハンドメイド商品です。天然のウィッカーを使用している為、色ムラや黒ずみ、ささくれ、割れ等がみられる場合がありますが、天然素材製品の風合いとしてご理解ください
※天然素材の特性上、またはハンドメイドの為、寸法やデザインに個体差があります。ハンドルの長さや、カゴのサイズも、一点一点異なります。
天然素材のバスケットは、色ムラ、天然の黒ずみ、ささくれ、ヒビ割れ等がみられる場合がございます。

〜 Compact Picnic Ruck(4人用)〜

おしゃれアウトドア
画像引用:loamythos
〈サイズと重量〉
幅29.0cm×奥行き21.5cm×高さ37.5cm
重量:1565g
〈素材〉
表地:ポリエステル
裏地:PEVA絶緑
〈商品概要〉
●コンパクトタイプのオールインワン・ピクニックリュック
●4人分のカトラリーセット(ナイフ・フォーク・スプーン・プレート・テーブルナフキン・ワイングラス)調味料入れ×2、オープナー(栓抜き、コルク抜き、ナイフ付き)×1・チーズナイフ×1がセットで一式そろっています。
●グラス、お皿、調味料入れは割れにくいプラスチック素材。
●バッグ内部はクーラーバッグ仕様(PEVA絶緑素材)保温・保冷が可能です。
●両サイドにはメッシュのポケッ トが付いています。

〜 BBQ All in One Cooler Bag 〜

おしゃれBBQ
画像引用:loamythos
〈サイズと重量〉
幅43.0cm×奥行き23.0cm×高さ25.0cm
重量:1360g
〈素材〉
表地:ポリエステル
裏地:PEVA絶緑
〈商品概要〉
●バーベキューセットがオールインになったクーラーバッグ
●トング、フライ返し、コックフォーク、オープナー(栓抜き、コルク抜き、ナイフ付き)、チーズナイフ、木製カッティングボード、調味料入れ×2がセットになっています。
●バッグ内部はクーラーバッグ仕様(PEVA絶緑素材)保温・保冷が可能です。
●両サイドにもマジックテープ開閉のポケットがついていて、ちょとした物を入れておくのに便利です。

ピクニックバックの購入はこちらから!

4.次回は実物の商品を詳しくご紹介!!

おしゃれキャンプブランド
ご紹介してきた日本初のピクニックバック専門店「LoaMythos(ロアミトス)」いかがだったでしょうか?どの商品もおしゃれで可愛く、それでいて機能性も兼ね備えたピクニックバックだったんではないでしょうか!?

さらに次回は、「両開きAll in One Picnic Basket」、「BBQ All in One Cooler Bag」実物2種類のインプレッションをお送りしたいと思います!
実際に使って感じたことなどを含めてレビューしていきたいと思いますので、是非お楽しみに!!

ryo suzuki

ryo suzuki

投稿者の記事一覧

福島県伊達市出身。様々な仕事を経験した後、もっと人生を楽しみたいと考えるようになり起業家を志す。面白いことを探してる最中『SHARE BASE』を知り訪れそこで志が同じ仲間と出会い感銘を受け、株式会社SATORUへ。

関連記事

  1. 田舎の夏を満喫!シェアベース昭和村、仲間と真夏のBBQ開催!
  2. 奥会津麺’sフェスティバル2017 大盛況のイベントレポート!
  3. 壮大な景色と快適車両の東武鉄道。奥会津昭和村と都心を繋ぐのんびり…
  4. THE CAMP BOOK 2018(ザ キャンプブック 201…
  5. 秋の収穫祭!SHARE BASEで育てた大根と白菜の収穫!
  6. 知って得する! スノーピーク「たねほおずき」の実用的な使い方3…
  7. 福島市の行列必至の老舗ラーメン店『伊達屋(だてや)』。ラーメンフ…
  8. 発芽後の大根の世話はどうやる?間引き作業が重要な理由

PICKUP

LIFESTYLE

シェアベースプロジェクト
PAGE TOP