5.内装編 〜内装着手から完成まで〜

サビの上からでも大丈夫?錆びたトタン屋根をDIY塗装!

古民家の外観に美しさを取り戻す!DIYでサビたトタン屋根塗装開始!

外壁の塗装を終えると同時に、玄関にかかるサビたトタン屋根が目立つようになってきました。これはちょっとカッコ悪いので、高所作業に腰が引けながらもトライしていきます!

1.瓦の屋根とトタン屋根の現状

古民家のトタン屋根の塗装
この写真は、2017年の夏頃にドローンで空撮した屋根の写真です。瓦になっている部分とトタンになっている部分がありますが、瓦の部分は比較的新しく、玄関部にかかるトタンの部分は劣化が激しくサビが目立つ状態になっています。

もう少し近づいて見てみましょう。

古民家のトタン屋根の塗装
古民家のトタン屋根の塗装
冬場は瓦の大屋根から落ちて来た雪がこの部分に落ちて来ます。今回は、外壁を塗り終えた後に余計に目立ってしまうトタンの部分を塗装していきます。傾斜とトタンという素材のおかげで雪が落ちやすくなっていますが、その分屋根は滑りやすく、傾斜もあるので少々危険。。。1人の作業だと危ないので、2人組になって作業開始です。

2.下を見ると足がすくむ・・・屋根に乗って下地を整える

古民家のトタン屋根の塗装塗装のペンキを塗る前に、トタン屋根のおおまかな汚れや剥がれを取り除いていきます。塗装が剥がれている所を整えたり、サビている部分の表面を整えるように削るなどして塗装の下準備に入ります。

意外と使えたのがデッキブラシ、柄も長いので使いやすく、塗装の微妙な剥がれ部分も傷を付けることなく下地を掃除できました。

3.トタン屋根塗装、サビの上から塗っても大丈夫?

古民家のトタン屋根の塗装
用意したのはこちらのペンキ。油性の「アクリルトタンα」です。ここ最近は内装や外壁など木材に対する塗装が多かったので、水性の塗装材料を使う事が多かったのですが、久しぶりの油性塗料の出番です。

心配していたサビの上からの塗装ですが、「サビの上からでも塗れる!」というお墨付きの商品、仕上がりが楽しみです!
古民家のトタン屋根の塗装
古民家のトタン屋根の塗装
油性塗料は粘度が高く密着性も良いのですが、そのままの状態で使うと初心者には少し塗りづらい程粘り気の強い塗装剤です。事前に買ってあった「ペイント薄め液」を使って、ペンキの粘度を薄くして使うと俄然塗りやすくなります。

今回は約6kgの缶(塗れる面積は約42~65㎡ タタミ25~39枚分)を1缶用意して臨みます。狭い範囲をハケで塗ってから、広い面積を一気にローラーで塗る、そんな定石に則って進めていくと驚くほど簡単です。ローラーで塗るときの伸びの良さといったら何とも言えない気持ち良さがあります。

4.程よい輝きが美しいトタン屋根へ

古民家のトタン屋根の塗装
古民家のトタン屋根の塗装
清掃から塗装完了まで約5時間程度で完了!粘度も高くしっかり色も乗ったので、1度塗りで十分ですし、適度なツヤが出てサビも全く顔を出さなくなりました。高所作業は徐々に慣れていきましたが、そんな時こそ油断は禁物、気を張りっぱなしだったので精神的にもどっと疲れる作業でした。。。

油性塗料は密着性が高く乾くのも早いので、ハケやローラーから垂れて放置してしまった部分は若干ムラになりやすいので注意ですね。これで外壁、屋根とある程度格好が付いたかと思います!

masaki umino

masaki umino

投稿者の記事一覧

茨城県水戸市出身。茨城県立水戸第一高等学校、東洋大学卒業。
その後、専門店、メーカーでBtoC、BtoBの営業経験を経て、株式会社SATORUへ。

関連記事

  1. 女子会の場所は古民家もオススメ!話の尽きない女子会は古民家1棟貸…
  2. キッチンが変われば家が変わる!古民家に新しいキッチンを導入!#2…
  3. 古民家再生DIY!玄関の床板と敷居の改修!③〜ベテラン大工さんに…
  4. DIYでつくる!古民家の1室を「くつろぎスペース」に改造!#4〜…
  5. 内装【大広間】の畳・板の間をDIY改装!〜畳下の床冷え対策を断熱…
  6. 限界集落が抱える課題と対策は?昭和村の協議体への参加
  7. まだまだピークはこれから?!昭和村野尻地区の壮大な雪景色と雪の脅…
  8. 鮎釣りは福島県の奥会津へ! 激戦区「奥会津 野尻川(のじりがわ)…

PICKUP

  1. 村民いこいの湯、昭和村

LIFESTYLE

シェアベースプロジェクト
PAGE TOP