0.番外編 福島県昭和村のあれこれ

実りの秋、昭和村の新米の季節がやって来ました!

楽しみにしていた新米の季節!昭和村でも稲刈りを終え、新米が食べられる時期がやって来ました!

僕らが移住して来た頃、昭和村での新生活が始まると同じくして、村の田んぼでは田植えも始まっていました。その稲が秋に実り、新米として僕らの食卓に並びます!

新米とは?

新米とは、収穫した年の12月31日までに精米され包装されたものを表します。無事に収穫できた喜びを感じる素敵な響きですね。自然が残るここ昭和村では、栗も実り、まさに実りの秋を感じている所です。

昭和村の米の成長過程

昭和村では、村内各地で稲作が行われています。家庭用の米を作る人から、販売用の米を作る人までさまざま。僕らはまだ稲作には挑戦していないので、その成長過程を見守る年となりました。

5月中旬頃

移住して間もなくトラクターが走り始め、田植えの季節がやってきました。都会では見られない、田舎の日常風景が目に飛び込んでくる新鮮な春!

6月下旬頃
周囲の田んぼが一面緑色に!成長の早さに驚き。

9月初旬〜中旬
穂が出て、いよいよ実りが待ち遠しくなる頃。この一粒一粒が毎日食べている米になると考えると、大切に、無事に育って欲しいと自然と願うようになります。。。

10月初旬 いよいよ稲刈りの季節!
10月の初旬になると、早い所から稲刈りが始まります!豪快に稲穂をコンバインで刈る姿は見モノです。稲を乾燥させていく工程では、自然に干す方法と機械で乾燥させる方法があるそうです。この干し方一つで味が変わるというのですから、大事な工程ですね。田舎でないと見れない風景、これが日本の主食を支える米の出来方かと、この年になって改めて感じます。。。こうして我が家にも、近くの農家さんから新米を頂戴致しました!おいしく炊かせて頂きます!

安全でおいしい福島県のお米

今回改めてお米の事を調べました!検索ボックスに「福島県 米」と入れると何が出てくると思いますか?未だに予測検索には、風評被害を呼び起こさせるものが出て来ます。知ろうとする人はその先を見ますが、知ろうとしない人にはそれだけで風評被害の延長です。知れば知る程安全です。作り手の苦労や工程を知らない素人(僕を含め)なら、せめて正確な情報を知ってから判断することをオススメします。

新米は炊き方が肝心!

新米はやわらかくなりやすいので、少し水を少なめにして炊くのがポイントだそう。せっかくなら僕らの10年選手の炊飯器じゃなくて、美味しく炊ける炊飯器で炊きたい所。。。感謝してたらふく頂きます!来年は畑に続いて、稲作にも挑戦してみたいですね!

masaki umino

masaki umino

投稿者の記事一覧

茨城県水戸市出身。茨城県立水戸第一高等学校、東洋大学卒業。
その後、専門店、メーカーでBtoC、BtoBの営業経験を経て、株式会社SATORUへ。

関連記事

  1. 福島県昭和村で非日常を体験! 狩猟に同行する『冬の雪山散策またぎ…
  2. 古民家再生施設『SHARE BASE 昭和村』村内オープンハウス…
  3. 雪の降る地域でも大丈夫?コストコ「ガゼボ」が豪雪地帯の冬を越した…
  4. 集落対抗!昭和村村民運動会へ行って来ました!
  5. 寒冷地の暖房は何がオススメ?燃料別にみる暖房性能の特徴に注目!
  6. SHARE BASE 昭和村で開催された『ほぼ30歳のふくしま修…
  7. 福島県会津地方の紅葉がすごい!博士峠の紅葉はいつが見頃?
  8. サビの上からでも大丈夫?錆びたトタン屋根をDIY塗装!

PICKUP

LIFESTYLE

シェアベースプロジェクト
PAGE TOP