LIFE STYLE

価格で比較!1台持っておきたい人気のツーバーナー4台をピックアップ!

ツーバーナーはどれがオススメ?人気メーカー4台を価格で比較!

キャンプアイテムの中でも1台は持っておきたいツーバーナー。かさばらない設計と料理に便利な2つのコンロ。機能やデザインも大切ですが、値段も木になるところですね。人気のアウトドアメーカーから4台を価格別にピックアップしました。※価格表示は全て定価を参考としています。

ツーバーナーを選ぶ時に大切なこと

キャンプにピクニックに大活躍のツーバーナー。選ぶ時には燃料がどんなものを使うかも重要なポイントです。今回はガス缶を使った燃料を主にピックアップしていますが、ガス缶も分けるとCB缶、OD缶の2種類に分かれます。機器に対応したガス缶を使う必要があるので、他の手持ちのキャンプアイテムも含めて確認しておきましょう。
選ぶ時には、火力の他、汁受けが掃除しやすいかなど、メンテナンス部分に注目してみると、長い付き合いができるものになるかもしれませんね。

それでは、ピックアップした4台を見てみましょう。

①10,000円台 コールマン「パワーハウス(R)LP ツーバーナーストーブ Ⅱ」


画像引用:コールマンジャパン株式会社 公式WEBサイト
初心者にも扱いやすいコールマンの「パワーハウス(R)LP ツーバーナーストーブ Ⅱ」。持ち運びしやすいキャリーハンドル、防風性に優れた大きめの両翼、そして高出力の最大約3,500kcal/h×2。どんなサイトにも馴染むカラーのツーバーナーコンロ。コストパフォーマンスも高い、1台持っておきたい万能選手です。定価は¥11,800-(税別)。

■仕様
・使用燃料:LPガス(OD缶)
・火力:最大約3,500kcal/h×2
・燃焼時間:約1.5~3時間(470g缶使用時) 
・使用サイズ:約64×32.5×52(h)cm
・収納サイズ:約54×32.5×7(h)cm
・重量:約4.2kg

コールマン「パワーハウス(R)LP ツーバーナーストーブ Ⅱ」 の詳しい製品情報はこちらから

②20,000円台 ユニフレーム「ツインバーナー US-1900」


画像引用:UNIFLAME 公式WEBサイト
今回紹介するツーバーナーの中で最も軽く、女性にも扱いやすいのがこちら。バーナー下部の汁受けは、前方に傾斜がついていて掃除がしやすく、持ち運び用のハンドルは引き出し式になっているなど、使う人に寄り添った親切な設計が特徴。カセットボンベを温める機構が搭載されているため、安定した出力が可能。プレミアムガスを使うと3,900kcal/h×2というかなりの高出力を実現しています。定価は¥20,000-(税別)

■仕様
・使用燃料:カセットガス(CB缶)
・火力:プレミアムガス:3,900kcal/h×2
    レギュラーガス:3,000kcal/h×2(最大)
・燃焼時間:(プレミアムガス)約45分
     (レギュラーガス)約55分
・使用サイズ:約540×325×290mm(ゴトク面)
・収納サイズ:約540×325×115mm
・重量:約3.9kg

ユニフレーム「ツインバーナー US-1900」の詳しい製品情報はこちらから

③30,000円台 キャプテンスタッグ「エクスギア ガスツーバーナーコンロ」


画像引用:キャプテンスタッグ 公式WEBサイト
キャプテンスタッグのエクスギアシリーズからは、渋いカラーで仕上がったツーバーナーがエントリー。くぼみを利用した取っ手になっていたりと無駄な設計を省き、収納時には8cmという薄さに。その薄さとは裏腹に最高出力3,000kcal/h×2という高火力を実現しています。ナチュラルカラーなサイトにグッとハマるデザインになっています。定価は¥30,000-(税別)。

■仕様
・使用燃料:LPガス(OD缶)
・火力:最高出力3,000kcal/h×2
・使用サイズ:幅655×奥行350×高さ500mm(フード使用時)
・収納サイズ:幅530×奥行320×高さ80mm
・重量:5kg

キャプテンスタッグ 「エクスギア ガスツーバーナーコンロ」の詳しい製品情報はこちらから

④40,000円台 スノーピーク「ギガパワーツーバーナー 液出し」


画像引用:スノーピーク公式WEBサイト
気温の変化に左右されやすいガス燃料、そのデメリットを解決し、あらゆるシーンで活躍できるのがこちら。スノーピークの「ギガパワーツーバーナー 液出し」。液体になっているガス缶の燃料を気化させて燃焼させるものが一般的ですが、こちらは気温の変化に影響されない、安定した燃焼が最後まで続く画期的な液出し仕様になっています。堅牢なデザインも玄人好み、専用のキャリングケースと揃えれば一流キャンパーの仲間入りです。定価は¥43,800-(税別)。

■仕様
・使用燃料:専用ガスカートリッジ ギガパワーガス500イソ
・火力:最高出力3,000kcal/h×2
・燃焼時間:約150分
・使用サイズ:風防装着使用時/563×293×383mm、スタンド装着時/563×514×383mm
・収納サイズ:500×110×360mm
・重量:7.3kg

スノーピーク「ギガパワーツーバーナー 液出し」の詳しい製品情報はこちらから

個性豊かなツーバーナー!選ぶ時はスペックと価格を見比べて

1台あればキャンプの時の料理や作業効率に大きなメリットを与えてくれるツーバーナー。もちろん使い心地の良さが重要ですが、使う前にはスペックと価格を見る必要がありますね。火力を重視するのか?燃焼時間が重要か?デザインかタフさか?自分の理想のキャンプスタイルと照らし合わせて、じっくり選んでみましょう。

masaki umino

masaki umino

投稿者の記事一覧

茨城県水戸市出身。茨城県立水戸第一高等学校、東洋大学卒業。
その後、専門店、メーカーでBtoC、BtoBの営業経験を経て、株式会社SATORUへ。

関連記事

  1. 上質なパウダーを占領!フェアリーランドかねやまスキー場で快適ウィ…
  2. 本州初上陸!『Dom’Up(ドムアップ)沼沢湖』で新…
  3. ホクホク感がたまらない!落ち葉を集めて焚き火でつくる、秋の美味し…
  4. 美しいじゃがいもの花!摘むのが正解?摘まないのが正解?
  5. 福島県昭和村へ移住。引越後の片付けの日々に追われてます。
  6. 【SHARE BASE 連載エッセイ】 第3回 『世代を超えて歩…
  7. 会津田島のフリークライミングスポットがすごい!『田島岩』ってどん…
  8. 野菜を自家栽培!SATORU農園のネギは順調に成長中!

PICKUP

LIFESTYLE

シェアベースプロジェクト
PAGE TOP