ACTIVE

夏のドライブで総移動距離1000km超え! 8県をまたぐロングドライブ一人ぶらり旅!#1

のんびり気ままにひとり旅。福島・新潟・富山・岐阜・長野・群馬・栃木・茨城をまたぐ真夏のロングドライブ!

2019年の8月中旬、数日間の休日を利用して一人旅へ。 岐阜県飛騨高山に住む友人に会うのを目的に福島県昭和村を出発!道中の景色やゲストハウスでの出会い、岐阜県で珍しい文化に触れたり、気ままな旅の一部をご紹介!

1.総移動距離1000km超え!今回の旅のルート。

岐阜県に移住した同級生から「高山は面白いところだぞ」と話を聞いて行きたくなったので、夏の連休を使って訪ねることに。

せっかくなので何も考えずにぶらりとロングドライブを楽しみたいと思い、だいたい2泊〜3泊程の旅になるかなーと思いつつ、10万km近い走行距離の軽自動車に乗り込んで、ほぼ無計画で福島県昭和村を出発!
旅の地図
ルートは決めていませんでしたが、振り返ってみるとほぼこんな感じのルートだったかと思います。福島を出発し、福島・新潟・富山・岐阜・長野・群馬・栃木・茨城の8県をまたぎ、地元茨城県水戸市へ。

地図上には828kmとありますが、茨城県水戸市から福島県昭和村へ戻る距離や寄り道も含めると、車のメーター上は1100km近く移動したんではないでしょうか?!

まずは新潟県へ向かうべく、福島県昭和村から六十里超えを目指して只見町方面へ。

2.何度も立ち止まる、福島県南会津郡只見町と新潟県魚沼市とをまたぐ六十里越えを通って。

六十里越え
六十里越えを通ると、必ずと言って良いほど車から降りて景色を眺めたくなります! 冬季は通行止めとなってしまうこの峠。

名前の由来は、実際の距離は六里(約24km)でありながら、険しさゆえに一里が十里にも感じられるほど余りに急峻かつ長大な山道であること、あるいは中世まで東日本においては一里は500mであったことなど、諸説あるそうです。(参考:wikipedia)

六十里越え
六十里越え
深い緑と空気の気持ち良さに、スタートして1時間程度早速寄り道してしまいます。近隣に住んでいる方でないとあまり通らない道ですが、一度は訪れて頂きたいスポットです。

田子倉湖を望む絶景に見とれながら写真を撮っていると、車の排気ガスによってアブがみるみる内に集まってくるので注意! 邪魔にならない位置に停車したら、エンジンは止めておくのが良いでしょう。。。

3.異様な光景にばったり!田之口のかかしまつりに遭遇。

途中道の駅に寄ったりと寄り道しながら新潟県内をドライブしていると、見慣れない光景に遭遇!
カカシ祭り
手作りの人形がずらりと並ぶこの田舎道。一体何かと思ったら、ここ田之口集落のかかしまつりだそう! 様々な手作りのかかしが何体もありました。

カカシ祭り
どのかかしがNO.1か決めているのでしょうか? 投票箱を見つけたので、通りすがりの者として投票してきました。
カカシ祭り
田之口のカカシ祭り
「私、キレイ?昔は私もキレイだった」というなんとも哀愁漂うメッセージと共に置かれたこちらのかかし(?)。たくさんの工夫が凝らされたユニークなかかしをよそに、メッセージと見つめる瞳で勝負というところでしょうか?

結果投票したのはこちらのNO.13。

4.新潟県の元祖生姜醤油系「青島食堂」のチャーシューメンで腹ごしらえ。

ドライブを続けていると、新潟県は長岡市へ!花火も有名ですが、こちらでは長岡ラーメンも有名ですね。日も暮れていったので、老舗の元祖生姜醤油系「青島食堂」の宮内駅前店へ。
青島食堂の長岡ラーメン
画像引用:ぐるなび
空腹のあまり写真を撮り忘れてしまったので、お借りしています。実際は雨は降っていませんでした。外の券売機でチャーシューメンを購入して店内へ。
青島食堂の長岡ラーメン
生姜の効いた濃いめの醤油味! チャーシューはホロホロとした食感で、麺と合わせて食べてちょうど良い薄さにカットされています。

地元の方と思われる人が多く出入りしていたので、昔から親しまれてきたお店のようです。東京秋葉原にも店舗があるそうですが、せっかくなら食べに来てみたいですね。

5.1日目の寝床。各地から旅人が集まる出会いのゲストハウス「山楽」へ。

いろいろと寄り道している内に、今夜の寝床を探さなくては! と焦って民宿やゲストハウスを探し始めることに。長旅になりそうなのと、せっかくならその土地の宿を体感したいので、車中泊は避けたかったんです。
ゲストハウス山楽
ビーチ・ボーイズに憧れてダイヤモンドヘッドのような海沿いの民宿も探しましたが見つからず。今回は縁あって新潟県柵口(ませぐち)のゲストハウス山楽さんに到着です。

ここで知り合った方とは翌日近くの観光スポットに連れていって頂いたりと、全く予想外の旅の流れになったのでノープランの旅は面白い!山楽さんについては下記の記事でご紹介しています。

新潟の旅で素泊まりするなら! コミュニティの広がるゲストハウス『山楽』がオススメ!

ここで一泊して、一路友人の待つ岐阜県飛騨高山へ向かいます!

masaki umino

masaki umino

投稿者の記事一覧

茨城県水戸市出身。茨城県立水戸第一高等学校、東洋大学卒業。
その後、専門店、メーカーでBtoC、BtoBの営業経験を経て、株式会社SATORUへ。

関連記事

  1. 人気ラジオ番組「風とロック CARAVAN福島」。平成最後の公開…
  2. スキー・スノーボードだけじゃない!滑れなくてもアクティブにゲレン…
  3. 夏でもヒンヤリ!! 新潟県糸魚川の『柵口の万年雪(ませぐちのまん…
  4. 端材で簡単!コスト0円!ミニテーブルをDIY!
  5. 夏にヒンヤリ気持ちいい! 奥会津 昭和村周辺の”涼感…
  6. 大内宿で江戸時代にタイムスリップ!茅葺き屋根の宿場でオススメのね…
  7. 約30年の歴史に幕を下ろすJR只見線「キハ40系」。引退イベント…
  8. テレワーカーに朗報!レンタルキャンピングカーのテレワークプランが…

PICKUP

シェアベースマッチング

LIFESTYLE

シェアベースプロジェクト
PAGE TOP