LIFE STYLE

福島のおすすめキャンプ場決定版! 初心者から本格派まで大満足の厳選キャンプ場5選。

アウトドア好き必見!!厳選した福島のキャンプ場5選をご紹介!!

だんだんと暖かくなって冬の終わりが近づいて来ましたね、冬が終われば待ちに待った春が来ます、そうアウトドアシーズンの到来ですね!!
今か今かと春を待ち望んでたキャンパーさん達も多かったのではないでしょうか?今回はそんなキャンプ中毒の皆さんが雪解けしてすぐにキャンプに行けるように、福島のオススメのキャンプ場をご紹介します!
春に向けてキャンプの準備をしながら、この記事を読んで2019年初キャンプの場所を見つけていいきましょう!
アイキャッチ画像引用:CAMP HACK

1.ふくしま県民の森 フォレストパークあだたら

福島県のキャンプ場
画像引用:Campism Channel

全国的にも有名な福島県のキャンプ場「フォレストパークあだたら」。安達太良山麓の標高600mに位置していて、森に囲まれた自然豊かなキャンプ場です。
星5認定を受けている最高品質なキャンプ場で、その施設内には電源付きオートサイトはもちろん木の温もりが感じられるコテージや、オシャレな常設トレーラー「エアストリーム」もあり様々なスタイルのキャンプが楽しめます!

そしてこのキャンプ場の最大の魅力はビジターセンター内にある「温泉」! 敷地内から源泉が湧き出ていてお肌がツルツルになることで有名です。
この展望自慢の温泉は利用者であれば滞在中何度入っても無料なので、森林に囲まれながらゆっくり温泉に浸かって身も心も癒されてみてはいかがですか?

ふくしま県民の森 フォレストパークあだたらの詳細情報はこちらから!

2.エンゼルフォレスト那須白河

東北のおすすめキャンプ場
画像引用:デフよん
この「エンゼルフォレスト那須白河」はワンちゃんと泊まれるキャンプ場で、ドックランなども完備していて愛犬家には嬉しいキャンプ場です!
羽鳥湖高原に広がる東京ドーム約42個分・敷地面積200万平米の広大な敷地には様々な施設があり、コテージやキャンプサイトはもちろん、温泉やプール、そしてコンビニもあり、初心者でも安心して宿泊することができます。

またさまざまなアクティビティも用意してあり、季節によって変わる四季折々のプランでお子さんと一緒に楽しんでいただけると思いますよ!

エンゼルフォレスト那須白河の詳細情報はこちらから!

3.FOME BASE

一度は行きたいキャンプ場
画像引用:hinata
福島市の豊かな自然の中にある「FOME BASE」、ここのキャンプ場の特徴は今話題沸騰の「グランピング」が出来るというところ!
グランピングとは「グラマラス」と「キャンピング」が混ざった造語で、優雅に自然を楽しむ新しいキャンプスタイルなんですが、今この「グランピング」が若い女性を中心に非常に人気なんです!

このキャンプ場にはおしゃれなインテリアが施された常設のグランイングテントがあり、1番大きなテントには最大で20人の宿泊が可能というから驚きですよね。
あなたも大切な人とおしゃれなテントで、普通とは違うワンランク上のキャンプを楽しんでみては?

FOME BASEの詳細情報はこちらから!

4.休暇村裏磐梯キャンプ場

自然豊かな福島のキャンプ場
画像引用:休暇村裏磐梯キャンプ場
「休暇村裏磐梯キャンプ場」は猪苗代磐梯高原ICから車で約25分の国立公園内にあり、約500haの広大なサイトが広がる自然豊かなキャンプ場です!

最近では日本最大のキャンプWEBメディア「CAMPHACK」と休暇村がコラボして、休暇村裏磐梯だけの特別なキャンプセットプランが楽しめます!
普通のレンタルプランとは一味違うこだわりのプランで、裏磐梯という素晴らしい自然豊かなロケーションでキャンプを楽しんでみてはいかがですか?

休暇村裏磐梯キャンプ場の詳細情報はこちらから!

5.ACNあぶくまキャンプランド

キャンプ好きが選んだキャンプ場
画像引用:campism
「ACNあぶくまキャンプランド」はオートキャンプだけではなく、宿泊施設も充実しており、初心者の方や女性同士でも安心して気軽にアウトドアを楽しむことができます!
宿泊施設の全てに屋根付きテラスが設置されているので、雨の日でもBBQなどを安心して楽しんでいただけるようになっています。

またこのキャンプ場は常連さんが非常に多いのも特徴で、多い方は通算で70回以上も訪れているんだとか。愛される理由は居心地の良さと、なんと言ってもオーナーさんの人柄なんだそうです。
お客さんとの触れ合いを大切にしているというオーナーの新堂さん、優しさに包まれたキャンプ場でのんびりと自然を感じてみてはいかがでしょうか!

ACNあぶくまキャンプランドの詳細情報はこちらから!

6.まとめ

オススメのおしゃれなキャンプ場
画像引用:365日自分磨き
いかがでしたか? あなたが行きたいキャンプ場は見つかりましたか?今回ご紹介した以外にも福島にはまだまだ沢山のキャンプ場があります、福島県はとても広いので場所によって色んな自然を感じてもらえると思いますよ!

2019年は自然豊かな福島のキャンプ場で、のんびりとアウトドアを楽しんでみてはいかがでしょうか!

ryo suzuki

ryo suzuki

投稿者の記事一覧

福島県伊達市出身。様々な仕事を経験した後、もっと人生を楽しみたいと考えるようになり起業家を志す。面白いことを探してる最中『SHARE BASE』を知り訪れそこで志が同じ仲間と出会い感銘を受け、株式会社SATORUへ。

関連記事

  1. もう草食系なんて言わせない! 「Bush Craft Inc.」…
  2. ワンポールテント(モンゴルテント型)で大人数でも快適!沼沢湖でオ…
  3. ハンモックとテントが合体?未体験のおすすめアウトドアはテントサイ…
  4. 短期で収穫!はつか大根がSATORU農園に
  5. アウトドアの基本『薪(まき)』選び! ソトアソビを格上げする、薪…
  6. アウトドアシーンで大活躍の『レジャーシート』。おしゃれで機能性抜…
  7. 田舎の夏を満喫!シェアベース昭和村、仲間と真夏のBBQ開催!
  8. 除雪機の選び方!積雪量で比較!自分に合った除雪機はどれ?

PICKUP

LIFESTYLE

シェアベースプロジェクト
PAGE TOP