LIFE STYLE

アウトドアの定番ナイフ『OPINEL(オピネル )』。初心者にもおすすめの折り畳みナイフをご紹介!!

見た目も可愛いフランス生まれのおしゃれな折り畳みナイフ!!

これからのシーズン、キャンプやアウトドアを始める方も多いと思いますが、調理などに使うナイフってどれを買ったらいいか悩んでしまいますよね?
種類も値段も様々なナイフですが、今回は初心者や女性におすすめのおしゃれで安心な折り畳みナイフをご紹介していきたいと思います!

1.フランスの老舗メーカー「OPINEL(オピネル)」とは。

フォールディングナイフ
画像引用:brandingtailor
今回ご紹介するのはフランスの老舗メーカー「OPINEL」になります。この「OPINEL」は創業から120年以上もの歴史を持つ信頼のメーカーで、とくに「OPINEL」が製造しているフォールディングナイフはポピュラーなナイフとして世界中で愛されています!

「OPINEL」の公式サイトにその歴史が載っていましたので、こちらに抜粋させていただきます。

〜OPINEL STORY〜

頑丈、素朴、機能的。世界中で最もシンプルなナイフは、1890年フランスのサヴォワ山中にある小さな村で産声を上げました。刃物職人をソ祖父と父に持つジョセフ・オピネルは、1890年折り畳み式ナイフの原型を開発し、そのナイフは開発者の名前にちなみオピネルと名づけられました。10の異なるサイズを開発し、2から12までのナンバーが振られました。1955年ジョセフの息子、マルセルが使用中でも持ち運び中でも刃をしっかりと固定できる「ビロブロック」を開発し、その画期的な機能は、現在でも引き継がれています。
1985年には、ロンドンのヴィクトリア&アルバート美術館に「世界の美品100特選」に選ばれたほか、ニューヨーク近代美術館目録にもその名を連ねています。1989年にはラルース百科事典に後世に残したい品として掲載されています。
120年以上の間、OPINELは自然愛好家、料理人、登山家、ガーデニング、有名な芸術家や冒険家をはじめ、世界中のさまざまな人に愛され、選ばれています。

(引用:OPINEL公式WEBサイト

「OPINEL」公式WEBサイトはこちらから。

2.特徴が違う選べる2種類の鋼材!

おすすめのナイフ
画像引用:KINRYU – BLOG
こちらが今回皆さんにご紹介するOPINELのフォールディングナイフです。フォールディングナイフとは日本語で折り畳みナイフという意味で、こちらのナイフは折り畳みとなっています。

OPINELのフォールディングナイフの特徴の一つとして、ブレードに使われている鋼材に2種類のラインナップがあるんです。どちらも異なった性質を持っておりますので、簡単に説明していきたいと思います!

【ステンレススチール鋼材】

キャンプナイフ
画像引用:KINRYU – BLOG
まずは1種類目は【ステンレススチール鋼材】です。その特徴は何と言っても錆びにくいことで、メンテナンスが比較的容易なためビギナーにも扱いやすい鋼材となっております!

【カーボンスチール鋼材】

ナイフ初心者
画像引用:KINRYU – BLOG
もう一つが【カーボンスチール鋼材】です。こちらは炭素鋼とも呼ばれているくらい硬度高い鋼材で、ステンレスに比べて切れ味が格段に良いのが特徴です!また、炭素鋼は不純物が少ないため研ぎやすいのも嬉しいポイントです!
しかし、その反面とてもに錆びやすいのも特徴で、使用後などは小まめなメンテナンスが必須となってきます。

3.実際の使用感と気をつけたい注意点!!

それでは実際に詳しく、OPINELのフォールディングナイフを見ていきたいと思います!
綺麗なナイフ
今回はこちらのカーボンスチール鋼材のOPINELナイフを見ていきたいと思います。ちなみにこの写真のナイフは私の私物で、ずっと愛用しているので使用感がありますがお許しくださいませ!

ベンズナイフ
それではさっそく収納されているブレードを出していきます。このブレードには爪をかける溝がありますので、それを使えば比較的簡単に開くことができます。

アウトドアナイフ
こちらがブレード出した状態になります。木製のハンドルがクラシックな雰囲気を醸し出していて、非常に綺麗で愛着の湧くデザインですね!この木製のハンドルには世界中にファンがいるそうですよ!

折り畳みナイフ
また、このナイフにはシンプルなロック機構が付いてるのも重要なポイントで、こちらのブレードの根元にある部分をスライドして回転させると。。。

女の子ナイフ
このようにブレードが折り畳まないようにロックすることができるんです!これにより急にブレードが畳まって怪我する心配もありませんので、安心して使用することができますね。

木製ナイフ
このロック機構はブレード収納時にもかけることができますので、ブレードが出ないようにロックしておけば、お子さんがいる方もとても安心です!!

おしゃれナイフ
また、先ほどのOPINELの歴史のお話にもありましたが、このナイフはサイズ違いのラインナップが2〜12までの10種類あります。ロック機構のスライド部分にはこのサイズナンバーが刻印されておりますので、サイズを確認したい際にはこちらをご覧ください!

※持ち手の水濡れには要注意!!※


最後にこのOPINELナイフの使用上の注意点をお教えします。このナイフの木製ハンドルはブナの木で作られているため、ブナの吸水性の良さで水を含んでしまう特性があります。これにより水に濡れると収納されているブレードが膨張で挟まれてしまい、引き出すことができなくなってしまうのです!

こうならないためにも水で濡れてしまった場合には、よく乾燥させてからしまうことをおすすめします。また、もし開かなくなった時も乾燥させれば大丈夫ですので、焦らず風通しの良い場所でナイフを乾燥させましょう!

ビギナーナイフ
また、このブレードを止めている部分に食材のゴミなどが詰まってしまうとスムーズに開閉がしなくなりますので、たまに掃除してあげることをおすすめします!

4.初めての一本におすすめのフォールディングナイフ!

オピネル
画像引用:camphack
今回ご紹介したOPINELのフォールディングナイフは、シンプルでとても使いやすい構造になっていますので、まだアウトドアナイフを持っていない方のファーストナイフとして非常におすすめの一本となっております!

OPINELは幅広いサイズラインナップもさることながら、ワインのコルクを抜くスクリューがついているタイプやハンドルの木材やカラーが異なるもの、そしてさらには折り畳みのノコギリなど面白い商品を多く展開しておりますので、ぜひ公式WEBサイトにてチェックしてみてくださいね!!

「OPINEL」公式WEBサイトはこちらから。

ryo suzuki

ryo suzuki

投稿者の記事一覧

福島県伊達市出身。様々な仕事を経験した後、もっと人生を楽しみたいと考えるようになり起業家を志す。面白いことを探してる最中『SHARE BASE』を知り訪れそこで志が同じ仲間と出会い感銘を受け、株式会社SATORUへ。

関連記事

  1. 会津若松の鶴ヶ城でプロジェクションマッピング「はるか2019」今…
  2. 種芋も順調に芽を出したジャガイモ。SHARE BASE 昭和村【…
  3. あいづ移住者交流会【古民家・空き家の活用法を考えませんか?】は、…
  4. 会津に移住するならオススメのコミュニティー。あいづ移住者交流会な…
  5. 庭の池にいる約20年間ぼっちだった錦鯉に3匹の仲間を!
  6. 福島のキャンプ場『FOME BASE』が仕掛けるCFが、なにやら…
  7. 田舎のほんとうの豊かさに触れる2日間!! 三島町『田舎暮らし体験…
  8. あの喰丸小がクリスマスパーティー開催!昭和村で過ごす、一足早いホ…

PICKUP

LIFESTYLE

シェアベースプロジェクト
PAGE TOP