寒くないってホント? 知床で流氷ウォークを初体験! サウナも満喫する真冬の北海道旅!

真冬の道内アウトドアアクティビティを満喫!アウトドアLOVERに送る、茨城空港発の男2人の北海道旅!

広大な自然に見渡す限りの銀世界、美味しい食べ物にワクワクする体験などなど、北海道に憧れを抱いている人も少なくないはず! 実は、そんな北の大地を満喫するのに、茨城空港を利用すれば意外と気軽に訪問することができるのはご存知でしょうか?

今回は、真冬の北海道だからこそ楽しめるアクティビティを満喫しにSATORUメンバー2人で一路北海道へひとっ飛び!流氷に温泉、支笏湖、それから札幌雪まつりなどなど・・・攻めに攻めた超濃厚な大人の2泊3日! 茨城空港を出発地点とした、趣味嗜好爆発!! 男2人旅のスタートです!!

茨城空港発! 真冬の北海道を攻めまくる!2泊3日の男2人のアウトドア旅!! #DAY1

10年に一度と言われる最強寒波を乗り越え、冬本番から春に向け折り返しに入る2月の上旬。旅は茨城空港から始まります。

今回は、茨城空港からスカイマークが就航する飛行機に乗り、冬の北海道へひとっ飛び! アウトドアLOVERの30代男2人が、北海道ならではのアウトドアアクティビティを体験し強烈な刺激を受けていく、インパクト絶大の2泊3日の旅を繰り広げます!

1日目【AM 9:40】いざ茨城空港から新千歳空港へ!

旅の全行程はなんと総移動距離約2500km以上!茨城空港から北海道へは意外と気軽に行けるけど、今回の旅は「北海道ならではの貴重な体験」に重点を置いたアクティブver.のスケジュール!普通の旅じゃつまらない! 攻めた北海道旅をしたいという人は、ぜひ参考にしてみて!

【DAY1 AM 9:40】いざ茨城空港から新千歳空港へ!


1日目【AM 9:40】いざ茨城空港から新千歳空港へ!

茨城空港は平成22年の開港以来、東日本大震災を乗り越えながら神戸や札幌、那覇に福岡、台北や上海など、国内外への空の玄関口を担い続けています。この旅最初のフライトはAM 9:40。茨城空港では、北海道の空の玄関口「新千歳空港」への直行便が1日2便出航しています。

1日目【AM 9:40】いざ茨城空港から新千歳空港へ!
茨城県公認Vtuver 茨ひよりちゃんが今回の旅の安全を願ってフライトを見送ってくれる。
1日目【AM 9:40】いざ茨城空港から新千歳空港へ!

発着する航空会社はスカイマークのみなので、空港に到着してからの搭乗手続きと手荷物預けはとてもスムーズ。迷うことなく飛行機に乗り込むことができるのもメリットの一つです。ポケモンをあしらった旅客機も人気。実は機内にもポケモンのディテールが盛り込まれてるので、乗る時はチェックしてみよう!

【AM 11:00】 茨城空港からわずか1時間20分。北海道 新千歳空港に到着!


【AM 11:00】 茨城空港からわずか1時間20分。北海道 新千歳空港に到着!
新千歳空港までは片道の距離約740km、時間にして1時間20分程度のフライトだから、時間だけで言えば東京都内に行くより近い!? そんな意外なところもじんわりと感じながら外を眺めていると、窓の外はいつの間にか真っ白な雪景色。あっという間に新千歳空港へ到着!

【AM 11:00】 茨城空港からわずか1時間20分。北海道 新千歳空港に到着!
茨城空港から 新千歳空港までは約1時間20分程度。思っていたより快適でストレスなく北海道へは来れる。

この後さらに女満別空港へ出航するので、早めの腹ごしらえをします。昼食には空港のロビー内にある「すず花」さんの海鮮丼をチョイス。

【AM 11:00】 茨城空港からわずか1時間20分。北海道 新千歳空港に到着!
空港内の「すず花」さんにて腹ごしらえ。新千歳空港で有名な海鮮丼店だ。
【AM 11:00】 茨城空港からわずか1時間20分。北海道 新千歳空港に到着!

道内へ到着直後から海の幸を贅沢に頬張っちゃいマス!さらにデザートには新千歳空港限定「白い恋人ソフト」を堪能。口に運んだ瞬間に広がる甘さが子供たちにも喜ばれること間違いなし。30代の男2人でソフトクリームを食べてる絵ヅラは、念のため自粛させて頂きます。。。

【PM 13:00】道内は飛行機を乗り継いで。流氷目指して女満別空港へ出発!


【PM 13:00】道内は飛行機を乗り継いで。流氷目指して女満別空港へ出発!

そんなことをしながらあっという間に飛行機の出発時間に。1日目のメインコンテンツ、この時期にしか体験できない超貴重な体験『流氷ウォーク』を目当てに、知床の斜里町ウトロという地域を目指します!

新千歳空港からは約45分程度のフライト。もちろん知床ウトロまでは陸路もありますが、車移動の場合は有料道路を使っても約6時間30分。そして雪道ということを考慮すればさらに。。。道内の移動でこれだけ時間がかかるということが、北海道の大きさを物語っていますね!

【PM 13:00】道内は飛行機を乗り継いで。流氷目指して女満別空港へ出発!
女満別へは新千歳から約45分。碁盤目に敷かれた道路と建物同士の距離の遠さが特徴的。

ちなみに、北海道には国管理空港が4空港(新千歳、函館、釧路、稚内)、特定地方管理空港が2空港、その他空港合わせて14もの空港があるんだとか。

【PM 14:00】レンタカーに乗り換えて、いざ知床ウトロへ!


【【PM 14:00】レンタカーに乗り換えて、いざ知床ウトロへ!
レンタカーは空港内にはなく送迎となる。次の予定までは少し余裕を見ておくと◎。

女満別空港に到着してからは、事前に手配していたレンタカーに乗り換えます。レンタカーは空港から近隣の各レンタカー会社まで送迎が出ていて、そこから手続きの上乗車するのが通例。

【PM 14:00】レンタカーに乗り換えて、いざ知床ウトロへ!

車で出発してから待っていたのは「これぞ北海道!!」な一面の銀世界! 広大な大地にまっさらの雪景色、どこまでも広がる空、そしてただひたすらに直線の道(笑)! 息を呑む圧倒的な景色に2人とも「いやー、、、すごい」の言葉ばかり。

流氷ウォークを行う集合場所までは、空港から約1時間半。斜里町に入りだんだんと街並みが見えてたかと思いきや、海に近づくにつれて少しずつ流氷が!! ここまで来れば集合場所までは目と鼻の先。車内でUNIQLOヒートテックインナーを着込み下準備しておきます。

【PM 14:00】レンタカーに乗り換えて、いざ知床ウトロへ!
海の奥で白波のように見えるのが流氷。遠くロシアの地から北風に乗ってやってくる。
到着した知床ウトロは人口1100人ほどの海沿いの地域。漁業と観光が二大産業となっていて、秋まではサケ・マス漁、冬はオホーツク海北部沿岸から北風に乗って流れてきた流氷による「流氷ウォーク」などの体験観光も行われています。知床八景の一つオロンコ岩をはじめとしたゴジラ岩などの不思議な形をした巨岩怪石などもあり、年間を通して多くの観光客の訪れるオホーツク観光最大の拠点を形成しています。

【PM 15:30】こんな体験知ってた?! 流氷ウォーク『HUT』で流氷ウォークを初体験!

ウトロに着き笑顔で迎えてくれたのは、流氷ウォークを展開している事業者さんの中から独立し、1人で完全プライベートの流氷ウォークツアーを案内している『流氷ウォーク HUT』の多田さん。 車1台で日本中を旅しながら、みかん狩りにお茶摘みなど、季節ごとの地域特有の仕事を請け負っていると言います。

【PM 15:30】こんな体験知ってた?! 流氷ウォーク『Hut』で流氷ウォークを初体験!
「流氷ウォークHUT」を営むガイド 多田裕也さん。1便1組限定のプライベート流氷ウォークを提供する。

早速流氷に入りに行こう! と、その前に! 凍った海に入るなんて危険行為がなぜ観光コンテンツとして成り立つのか!? 参加するまでギモンだらけだったその秘密はこの『ドライスーツ』が答え。

【PM 15:30】こんな体験知ってた?! 流氷ウォーク『HUT』で流氷ウォークを初体験!

【PM 15:30】こんな体験知ってた?! 流氷ウォーク『Hut』で流氷ウォークを初体験!
ドライスーツは密閉性が高いため慣れないと1人で着ることは困難。

ドライスーツは、首元や手首からの水の侵入を防ぐことができるスーツ。ウエットスーツとは違って水の侵入を許さず、内部は体温で温かく密閉されています。だから、流氷が漂う海の中に落ちても大丈夫!流氷の上で遊んだり、わざと海の中にドボンしてみたり、、、非日常を味わえるアウトドアアクティビティとして大人気コンテンツなんです!

普段着の上からドライスーツを着て、早速流氷エリアにLet’s go! 何の躊躇もなく入っていく多田さんに着いていくタジタジなボクらでしたが、5分も経たずに慣れていき、浜に近いプカプカとした流氷のエリアからどんどんとしっかりした流氷がある沖へと歩いていきます!

【PM 15:30】こんな体験知ってた?! 流氷ウォーク『Hut』で流氷ウォークを初体験!

海面からだと平坦に見えますが、その氷の厚さは海に向かって1mや2mにもなります。分厚い氷に乗れば安定しますが、薄めの氷の場所では急に割れて海に落ちてしまうこともしばしば。それも含めて楽しいのが流氷ウォークなのです!!

【PM 15:30】こんな体験知ってた?! 流氷ウォーク『Hut』で流氷ウォークを初体験!
氷の薄黒い色をしている部分は氷が薄く、ルートを間違えると流氷にドボン!

ここではボクらのリクエストに応えていただき、シングルバーナーでコーヒーを沸かして飲んだり、ドローン撮影を楽しんだり・・・、いろんなワガママを聞いてもらって遊び倒しました。なかなか写真や文章ではお伝えしにくいんですが、、、その感動をお伝えしたいと思います!

【PM 15:30】こんな体験知ってた?! 流氷ウォーク『Hut』で流氷ウォークを初体験!
広大に広がる流氷を自由に歩き回る!日によっては流氷が大きく隆起するときもあるんだそう。

【PM 15:30】こんな体験知ってた?! 流氷ウォーク『Hut』で流氷ウォークを初体験!
流氷って海みたいにしょっぱいの?流氷をガブッ!
そもそも流氷ってナニ? という方に。ガイドの多田さんに聞くところによると、流氷とはオホーツク海北部沿岸で氷となったものが、北風によって北海道まで流れてきたもの。オホーツク海の流氷は、遠くロシアのアムール川から流れ込んで塩分が低くなった海水が凍り、凍る過程で塩分が排出されたものといわれています。だから、流氷は食べてもしょっぱくないんです!

【PM 15:30】こんな体験知ってた?! 流氷ウォーク『Hut』で流氷ウォークを初体験!
ドライスーツ内には空気が充満して浮力があるため、流氷に入っても自然と浮かび上がるから安心。

【PM 15:30】こんな体験知ってた?! 流氷ウォーク『Hut』で流氷ウォークを初体験!
シングルバーナーを使ってコーヒーを楽しむコトだってOK。
【PM 15:30】こんな体験知ってた?! 流氷ウォーク『Hut』で流氷ウォークを初体験!
ダブルウォールのスノーピークのマグは流氷の上でも温かさを持続する。
キャンプで使うシングルバーナーを使ってお湯を沸かせば、こんなロケーションでコーヒータイムを楽しむコトだってできちゃいます! もちろんカップラーメンだって。これができるのはプライベートツアーの流氷ウォークHUTならでは!? デイキャンプさながらのスペシャルな体験を流氷の上で楽しめます! (もちろんゴミはちゃんと持ち帰りで。)

【PM 15:30】こんな体験知ってた?! 流氷ウォーク『Hut』で流氷ウォークを初体験!
ガイドの多田さんと3人、ドローンで上空から撮影。撮影した写真は全て無償で提供してくれる。

【PM 15:30】こんな体験知ってた?! 流氷ウォーク『Hut』で流氷ウォークを初体験!
気づけば1時間近く流氷上で遊んでいましたが、流氷ウォークは日没までという地域の決まりもあるため、日が落ちたところで体験は終了。終始寒い思いはすることなく、むしろ日中だったら汗もかいてただろうなという体感でした。兎にも角にも、想像を絶する超貴重な体験。このためだけでも茨城から飛行機を乗り継いでやってきた甲斐があった!!

【PM 15:30】こんな体験知ってた?! 流氷ウォーク『Hut』で流氷ウォークを初体験!
多田さんがドローンで撮影した昼頃のツアー時の写真。

ツアーの案内をして頂いた多田さんは、流氷ウォークのガイドだけでなく今後もさまざまなことに挑戦していくんだそう。(まさかの同じ歳というのにも驚愕!)こんな人と出会えるのも旅の醍醐味だなーと思いつつ、いつかまたどこかで会えることを期待しながら、ボクらは流氷の見える温泉で名高い「北こぶし知床ホテル&リゾート」に向かいます!

【PM 18:00】 流氷が見える温泉を満喫!「北こぶし知床ホテル&リゾート」にチェックイン。


流氷ウォークの集合場所から車で1分ほどのところに、流氷が見える温泉がある「北こぶし知床ホテル&リゾート」はあります。

流氷が見える温泉を満喫!「北こぶし知床ホテル&リゾート」にチェックイン。

流氷が見える温泉を満喫!「北こぶし知床ホテル&リゾート」にチェックイン。

こんな北海道の端っこに立派なホテルが!! と驚きながら館内へ。広々としたロビー、丁寧なお出迎えと上質な空間が、さっきまでの疲れを癒してくれそう。通年で流氷の展示もされていて、春〜秋に訪れても流氷を見ながら学ぶことができます。また、そのほかにも館内はアート作品に溢れ暖炉も設置されていたりと、大人がゆったりとくつろげるホテルだと実感。

流氷が見える温泉を満喫!「北こぶし知床ホテル&リゾート」にチェックイン。
北こぶし知床ホテル&リゾートの見所の一つ「流氷テラス」。

ロビー近くにある「流氷テラス」は、流れ着いた流氷を眺めながら足湯に浸かることができるというスペシャルな場所。今回は雪も結構降っていたので、足湯に浸かっていると雪ダルマになってしまいそうだから自粛デス。

流氷が見える温泉を満喫!「北こぶし知床ホテル&リゾート」にチェックイン。
晴れている日はこんな感じで流氷が見渡せる。写真提供:北こぶし知床ホテル&リゾート
流氷が見える温泉を満喫!「北こぶし知床ホテル&リゾート」にチェックイン。
シービューツインの窓辺の景色 写真提供:北こぶし知床ホテル&リゾート

今回宿泊したのは海側シービューツイン。一枚ガラスの大きな窓から、雄大なオホーツク海と流氷を眺められる部屋になっています。畳のフロアに布団を敷いて、3名でも泊まれるような十分な広さがありました。夜は暗くて写真も映えず、翌朝もあいにくのお天気だったため写真はホテルからのご提供。流氷の時期はもちろん、夏〜秋にかけても開放的な窓からの景色が朝イチで感動をもたらしてくれそう!

さて、ボクらといえばホテルにチェックインしたのも束の間、猛烈な空腹を満たすべくまずは現地の食事処(酒場)へ!

せっかくウトロに行くから・・・ということで、ホテルは素泊まりにして夜は地域内のお店で食事をすることにしていたのですが、目星をつけていたお店は水曜日のため定休。。。地域の方に教えて頂いたお店で食事とお酒を楽しむことに。

流氷が見える温泉を満喫!「北こぶし知床ホテル&リゾート」にチェックイン。
訪れたのはホテルから徒歩10分ほどで到着する「波飛沫(なみしぶき)」さん。日中はラーメン店ですが、夜は焼き鳥も飲み放題もある居酒屋になるんだとか。店内は地元漁師の奥様方が集まって飲んでいたり、地域の方々が代わる代わる入ってくる人気店でした!この辺りでは焼き鳥の部位の呼び名も関東と異なっていて、セセリのことを「こにく」と表記してあったり、ぼんじりが「ボンボチ」と表記してあったり・・・こうした小さな文化の違いも旅の醍醐味、思わず店員さんと話が盛り上がる。

流氷が見える温泉を満喫!「北こぶし知床ホテル&リゾート」にチェックイン。
波飛沫のネギ塩らーめん(バタートッピング)
そして、我々SATORUといえば生粋のラーメンフリーク集団!ラーメン店と知ってチェックしないワケにはいかないでしょう。何と店主は旭川ラーメンの大本命「山頭火」出身。観光のピーク時には行列は免れないだろうなと思いつつしっかりラーメンでシメ。(脱線してしまいそうなのでまた別途レポートしたいと思います。。。)雪の中歩いて行った甲斐がありました♪

ホテルに戻ってからは早速自慢のお風呂へ。氷点下の気温で冷え切った体に、柔らかく肌を撫でるような泉質が特徴の温泉が沁みていきます。

流氷が見える温泉を満喫!「北こぶし知床ホテル&リゾート」にチェックイン。
大浴場 写真提供:北こぶし知床ホテル&リゾート

温泉ももちろんですが、注目したいのは2021年にリニューアルされた二つのサウナ施設! サウナ専門誌に取り上げられるほどの有名サウナで、全国からサウナーが集まるという言うのだがそれもそのはず! 昨今のサウナムーブメントの火付け役で、日本全国のサウナ施設のプロデュースを手掛ける実業家プロサウナー「ととのえ親方」ことTTNEの監修によるものだというのは、当ホテルの広報担当者に聞いた話。

流氷が見える温泉を満喫!「北こぶし知床ホテル&リゾート」にチェックイン。
ダイナミックな流氷をイメージして直線的なデザインを力強く表現した「KAKUUNA(カクウナ)」。写真提供:北こぶし知床ホテル&リゾート
流氷が見える温泉を満喫!「北こぶし知床ホテル&リゾート」にチェックイン。
木の洞窟をイメージして緩やかな曲線でうねりを描いた「UNEUNA(ウネウナ)」。写真提供:北こぶし知床ホテル&リゾート

「UNEUNA」の美しい曲線は、世界でも珍しい3D加工で木材を削り出して曲線を形取ってるんです!

二つのサウナは、時間帯によって男女入れ替えの大浴場の中にそれぞれ設置されています。中に入ってみるとテレビなどはなく、流氷をぼーっと眺めながら耳に入るのは、現地からサンプリングされたカモメの鳴き声や船の音などを含む自然音から作られた、サウンドアーティストによるアンビエントBGM。あの不思議な感覚は、知床を離れた今でも脳裏に焼き付いています。

流氷が見える温泉を満喫!「北こぶし知床ホテル&リゾート」にチェックイン。

滞在時間は短かったものの、充実したホテルステイを満喫できました! 翌朝もしっかり温泉に浸かって体をしっかり温めて、次のとっておきの体験に向けて少し早めの8時にチェックアウト。

北海道LOVE割

北こぶし知床ホテル&リゾート」では、プランによっては北海道における全国旅行支援事業の「HOKKAIDO LOVE!割」の対象にもなってます! もちろんここだけでなく、対象のホテルは道内各所にあるので、北海道の旅をおトクにするならチェックしておくのがオススメ◎。
 ▶︎「HOKKAIDO LOVE!割」公式サイト

北風が運ぶ流氷と地域の人の温かさを感じよう! 知床ウトロはおもしろい!!


北海道LOVE割

こうして趣味嗜好を詰め込んだ北海道旅の1日目が無事に終了。強く印象に残ったのは、意外と朝イチ出発の茨城空港からここまで、しっかりと北海道を満喫できる!とわかったこと。そして、きっと流氷を見たりドライスーツを着るのなんてこの地域の人からしてみれば当たり前だけど、それが別の地域の人からすれば特別で貴重な「体験」になっているということ。そうした観光資源を、地域の人たちで守り続けているんだということを強く感じた日でした!

新千歳空港での海鮮弁当や白い恋人ソフト、女満別空港から知床ウトロまでの超絶景ドライブ、そして流氷ウォークという非日常体験に絶品ラーメン、そしてスペシャルな温泉とサウナ・・・。たとえスケジュールは過密でも、1日でここまで北海道を満喫できちゃうプラン、いいでしょ?

でもでもお忘れなく、旅は2泊3日!これで終わりじゃないからさらに面白い!ボクらの旅はまだまだ続きます!!

▼北海道旅の2日目はコチラから!
▶︎アウトドア好きの男子旅なら北海道がオススメ! 茨城発、真冬の北海道2泊3日の旅!! #DAY2~3

執筆・編集:株式会社SATORU 海野正輝
撮影・編集:株式会社SATORU 鈴木 遼
協力:流氷ウォークHUT 多田裕也さん、北こぶし知床ホテル&リゾートの皆さん

この企画は、北海道観光振興機構の協賛により実施しています。
北海道観光振興機構の協賛

この記事をシェアする

よく読まれている記事

PICK UP

長野発アウトドアブランド『ulkona(ウルコナ)』から、煙もニオイも少ない二次燃焼式の焚き火台が登場!

ワーケーションにもオススメ!キャンピングカーでオロロンラインを走り、日本最北端を目指す北海道旅!

冬がオススメ!北海道のサウナ聖地「白銀荘」でととのう極上の旅。

福島県の”奥会津ならでは”の体験がズラリ!「奥会津体験博覧会 せど森の宴2023」が今年も開催!

北海道で雪中キャンプに挑戦!道北ドライブ旅行は快適なキャンピングカーで!

福島市の飯坂町でキャンプを満喫!!SATORUが巡る最高のふくしまアウトドア旅♪

RANKING

Scroll to Top