FARM

種芋も順調に芽を出したジャガイモ。SHARE BASE 昭和村【6月上旬】の畑の様子。

夏空が気持ち良い6月上旬の畑の様子。

5月に種芋を植えたジャガイモのほとんどが、ちゃんと芽を出して成長中。もう少し芽が大きくなってくると、芽かきと土寄せ(追肥)の時期がやってきます。
SHARE BASE 昭和村
初心者の畑
芽かきは種芋からいくつも出てきている芽の中から、元気の良い芽の2つ、3つ程を残して摘み取る作業です。これをしてあげると、土の中のジャガイモがお互いの成長を邪魔しないようになり、大きなジャガイモが育つというわけなんですね。

土寄せは、芽かきをした箇所の補強をするように、芽に土を寄せて安定させ、追肥をやる作業です。ここのような耕作放棄地を再生した若い畑だと、雑草も生い茂ってくるので、その雑草を除去するという意味もあります。

 『じゃがいもの芽かき(間引き)と土寄せって何?大きなじゃがいもの収穫のためにしておきたい事。』

ジャガイモの植え方
最近は梅雨空になってきましたが、6月上旬頃にはぐっと気温も上がり、夏のような陽気と空の様子に。ジャガイモの収穫時期はお盆前の頃。

さらにナス、トマト、きゅうり、ししとうなど夏の野菜も時期をちょっとずつずらしながら増やしているので、収穫も長く楽しめると思います。

masaki umino

masaki umino

投稿者の記事一覧

茨城県水戸市出身。茨城県立水戸第一高等学校、東洋大学卒業。
その後、専門店、メーカーでBtoC、BtoBの営業経験を経て、株式会社SATORUへ。

関連記事

  1. 夏に撒いた大根の収穫!土から引き抜くその手応えは・・・
  2. 初心者にもオススメ!初めてのSUP(サップ)にチャレンジ!インフ…
  3. 本州初上陸!『Dom’Up(ドムアップ)沼沢湖』で新…
  4. 奥会津金山町の”天然炭酸泉”で体の芯から…
  5. じゃがいもは収穫した後が大切?畑で育てたじゃがいもの収穫!
  6. DIY初心者の強い味方!2万円以下で釘打ち機(フィニッシュネイラ…
  7. 発芽後の大根の世話はどうやる?間引き作業が重要な理由
  8. 日本三大虚空蔵のひとつ!奥会津の観光スポット「福満虚空蔵尊圓蔵寺…

PICKUP

LIFESTYLE

シェアベースプロジェクト
PAGE TOP